三十路ライフ

≫ EDIT

台湾・雲林虎尾観光 スターバックス&誠品書店

雲林県はいくつかの見どころに分かれています。
今回は新幹線から行きやすい「虎尾(Huwei)」に行ってみました。
雲林県だけでもかなり見どころがあり、しかも離れているので沢山見たい場合には一泊したほうがいいです。
「虎尾」は小さい街で大きなホテルは見当たらないので、雲林県でも県庁所在地である「斗六」というところが良いみたいです。

さて、新幹線で雲林に到着。バスで虎尾行が出ているのでそれに乗ります。
到着するとすぐに見えるのは、雲林のスターバックスと誠品書店です。
「虎尾合同庁舎」をリノベーションし、2014年1月にスターバックスと誠品書店が入ったそうです。
「虎尾合同庁舎」自体は日本統治時代の昭和初期に作られたそうで、
その後1990年に歴史的建造物として登録をされたそうです。

なんと素晴らしい組み合わせ!!


1-P6200384.jpg

こちらがスターバックス側で奥が誠品書店です。
スターバックスではお茶しませんでした。
レトロな内装で、なかなか素敵です。
台湾のスタバはこういうリノベしたスタバが多くって好きです♪
東京で考えても、コンセプトショップはあるけれど、こういうリノベされたスタバって思い当たらないよなー。

雲林マグカップがあればほしいなぁと思ったのですが、残念ながらなかった…。
台北ナビの雲林・スタバの記事はこちら→http://www.taipeinavi.com/food/1183/


1-雲林

誠品書店側はお客さんがいなかったので撮影させていただきました。
台北の誠品書店から比べたら、かなりこぢんまりしていますが、
タイムスリップしてしまったような雰囲気です。

商品自体は台北にあるものと特に変わらないです(笑)



| 2017年6月台北・雲林 | 12:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

台北駅と一人旅

台北駅から新幹線で雲林に行きます。
台北駅に来るのも結構久しぶりな気もします。

1-台北駅_8

台北駅舎、ここ天井も高いし広いよね。
とにかく、だだっ広い。
東京駅の丸の内口のドームなんかより全然広い。
そして周りに店があるだけで何もない。長椅子、いくつおけるだろうか…
と、ここの広場をみて毎回つい考えてしまう、すぐ座りたくなるおばちゃん(私。)


1-台北駅_4

新幹線の乗り場近くにあった図書販売機。
誰かのkey personに…のKeyさんが紹介されていて、見てみたかったのです!


1-台北駅_10

かなりの種類の本が入っています。すごーい!
番号を選んで、購入するようですね。
どのくらい活用されているかわかりませんが、なかなかいい考え。
私はジャケ買いしちゃうときもあるので、表紙が表に向いているとよいかなーとか勝手に自分仕様で考えたり…。

そうそう、今回の雲林行きはブログ繋がりで出会って、早10数年という繋がりのお友達が
すごくよかった!
と言っていたので行くことにしたんですよ~

私は台湾に行くときは大抵ノープランで気が向いたところに行くことが多いです。

で、急ですが、先日北海道で亡くなった中国人女性の方の話。
結局自殺だったのかどうかは分からない訳ですが、
一人旅だとああいう行動の仕方はするよなぁーって思うわけです。

実際、過去に私も彼女と同じようにホテルにお金を払ったまま隣国に行って、またそこに帰ってくるとかしたことありますし。
報道では「なぜそんなところに行ったのか」とか、「お金を払ったままなぜ?」
とか色々推測やらとニュースになりましたが、
彼女は行きたい国に来て、行きたいところに行っただけ。
彼女の行動の仕方については、同じ旅人としては全くおかしくはないなぁと思うわけです。

中国のご家族にとっては本当に残念だし、
日本人としても無事に日本を楽しんで帰ってほしかったと心から願っていたので非常に残念ではありますが…。

結論としては、
一人旅で気ままに行動をして、ふいに連絡が取れなくなったりすると大変なことになりそうだな。
ということを学習しました。←それだけ?!

| 2017年6月台北・雲林 | 23:18 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

双連駅の朝市ぷらぷら、朝ごはん

鹹豆漿を食べたいなーと思って、ホテルの近所のお店に行ってみたら「豆漿」と書いてあるのにやっていなかった…
朝ごはん屋さんじゃないのぅ~?

ぷらぷら歩いて、双連駅の朝市へ行ってみましたよ。
朝、ちょっと雨が降ったのか湿気がすごい…。
ホテルから駅までは7~8分位なのだけれど、汗が…。

1-IMG_4030.jpg

美味しそうなマンゴー。まるまるしてるぅ。
私は果物アレルギーがあるので、現地で生マンゴーは食べないのですが、
嫌いなわけではないので、たべたいなーって凄い思う…。
でもマンゴーかき氷はもともと魅力を感じていないので食べないです。


1-IMG_4029.jpg

お肉屋さんや、さかな屋さん、色々あります。
魚やさんで雑貨を売っている店があって、どちらがメインなんだろう…とちょっと謎でした。
平日だったからかな…そんなに賑わっているという感じでありませんでした。
朝が早かったからかな?(7時くらい。)


1-IMG_4032.jpg

ここ、人気のお店でした。ここのお店だけ人が並んでいた。
お肉屋さんっぽかったけれど、何が名物なのかな~。
肉がめっちゃ新鮮とか?


1-IMG_4027.jpg

私の朝ごはんはここで食べました。有名ですよね。
でも初めて入りました。

1-IMG_4028.jpg

鹹豆漿を頼みました。15元位だったと思う。
これってどこの店もたっぷりあって、おなかガボカボになりません?
結構これだけでお腹がいっぱいになってしまうので、こちらのみの注文。
んー。まずくはないけれど、ちょっと濃厚さに欠けるというか、かなりあっさり。
12月に林森北路近くで食べたものより、かなりサラサラでした。
でもそんなに濃厚ではないので、文字通りサラサラ―っと食べられます。
駅前だし、有名なせいか日本人にも慣れているようで
「豆漿?」とすぐに頼みたいものがわかっていらっしゃいました。

とりあえず、朝はこれでおしまい。

さて、この後は雲林にいきますよー。


【世紀豆漿】

| 2017年6月台北・雲林 | 21:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT