三十路ライフ
FC2ブログ

≫ EDIT

不完全燃焼だった、カフェ巡り(巡ってない。)

どうも燃え尽きたか、書く気が起きない。
旅行はすっごく楽しかったし、15年ぶりくらいに3人が出会ったことは感動的な出来事だったのだけど、
公共の場所でお届けするほどのことではない気もしてきたり…

とりあえず、今後カンボジアに行く人のためになりそうなことを…。


IMG_0523.jpg


朝早くに行動したので、みんな若干ぐったりして、一旦、昼休憩を入れました。
と言いつつ、お腹が空いたのでオールドマーケットのほうに出かけてみました。
ホテルから約10分位。歩いていても特にバイクタクシーなどにもさほど声はかけられませんねー。


IMG_0522.jpg


Cafe Central というカフェ。シェムリアップ、欧米人向けのこぎれいなカフェが結構あって、
行く前に結構チェックしていこうと思っていましたが、結果ここしか行く時間がありませんでした。
なんか麺を頼んだんだけど微妙でした。まずくはないけど、スゴイおいしいかというと、んーーー。
隣の欧米人が食べていたポテトとハンバーガーのセットのほうが良かったなー。
とにかくニンジンが山ほど入っていて、ニンジンの麺料理かと思ったわ。


IMG_0525.jpg


途中で入ったスーパー。飲み物がずらーーーー!
ご飯がいまいちだったので、お菓子でも買おうかと思いましたが、
飲み物はかなり色々なブランドがあるのに、ポテチなんかは知らないメーカーばっか。
Laysとか全くなかった。


IMG_0524.jpg


お酒コーナー。日本酒もありますが、日本と同じくらいな気がしました。誰用?本物?
物は本当にたくさんあるけど、カンボジアブランドって何だろう…。
ブタ子ちゃんはドライフルーツを買ったとのこと。でもカンボジア産ではなかったそう。

観光じゃないものないのかな?

こんなものがあるよ、という事を知りたいわけではなく、国の将来が心配だから。
観光だけだと、国でなんかあった時、困るじゃん?
だから何か産業ないのかなって思ってね。





| 2018年7月カンボジア | 22:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

初・子連れカンボジア旅行!!私の子供じゃないけど!

私は結婚もしてないし、子供もいないわけですが、後にも先にも子連れ海外なんて
これが最後でしょう!そう!貴重な体験ですよ。

ブタ子ちゃんのおうちの子供たちに会うのは初めてではありませんが、
当然前にあったことなんか忘れているでしょう。
上のお兄ちゃんは小学校1年生、下の妹ちゃんは5歳?だっけ?
まあ、まだ小さいわけです。

カンボジアの前にベトナムに滞在中、

子供たちがどこにも出かけたがらない、
ローカルフードが食べれない!

と合流前、嘆きのメールをいただいておりました。
やっぱり大変だなーと思い、実際合流してもご飯だけ一緒とかかな?
と思っていましたが、子供たち頑張りました!

お母さん(ブタ子ちゃん)の頑張りもあったと思うけど。

二人とも人見知りを一切しないので、私もそれが楽で
遠慮なく一緒にふざけたり毒づいたりできましたよ。

IMG_1946_20181009202704505.jpg


でも遺跡観光は怖かった! 
こんな感じで、ぴょんぴょん飛び回るので落ちるのではないかと、
こっちがゾワゾワしちゃう・・
常に手の届く範囲に居たい…私が。(笑) (※白いシャツが私)

IMG_0502_20181009204400303.jpg

動物(特に猿)が多いので、これもドキドキするポイント。
さすがに近づこうとしたらブタ子ちゃんも注意していたけど。


IMG_1971.jpg

猿を眺めるおばさん。都会っ子なんで、動物珍しいんです。壁の上にいっぱいいたの。


トイレも女子旅はもちろん、子連れ旅も大変だと思う。
間違っても赤ちゃんとか連れて行ったらダメダメ!
日本みたいにおむつ換えの台とかないし。いやむしろ行ったら日本スゴイってなるのかしら。

アンコールワットの近くに寺がございまして、そこのトイレ金取るくせしてこれかよ!!
てなくらい酷くて…。要は私の一番ダメな水浸し系。
15年前もきったないトイレに入りましたが、そんなところでするくらいなら、
大自然でしたほうがいいと心底思ったくらい。

子供たち、これもよく頑張ったなーって思う。
大人なら我慢できるけど、子供って突然いうし、言ったら我慢できない状態だし。
汚いトイレでがんばりました。

IMG_0488-001.jpg


アンコールワット見た後に入った近所のローカルレストラン。
ここのトイレ、まあ寺のトイレよりはマシだけど、絶対座らないよねー。

ご飯はまあまあでした。

カンボジアのいいところは、どこに行っても大人たちが子供に寛容なところ。
声をかけてくれたり、遺跡も危ないところがあれば、教えてくれて手を差し出してくれたり
東京のように、「泣き声うるせー」みたいな顔は、ほぼされないので、こういう部分はとても良いところだと思う。

子供が多いからかもしれないけど。ミャンマーに行った時もそんな感じだったなー。

IMG_0486-001_201810092026083c9.jpg


猫いっぱいいた。獲物(ご飯)を狙う猫。
私がちょっかい出していたら子供たちも食べ物を上げたりて、
ひっかかれたりしたら良くないよね。
おかーさん(ブタ子ちゃん)ごめんよ。

友達に、かわいい顔ではなく、こういう顔の猫取るのうまいよねっていわれたw

| 2018年7月カンボジア | 21:13 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

月明かりのアンコールワット、朝日のアンコールワット

前に「死ぬまでに一度は見たほうがいいと思うアンコールワット」として
前に記事に書きましたが、
アンコールワットの朝日を「死ぬまでに一度は見たほうがいい」の間違い。
いや、アンコールワットも、もちろん素晴らしい。

私はすでに3回、アンコールワットに来ていますが、今回も朝日を見に暗いうちから行動。
ブタ子ちゃんの子供たちも頑張って起きてアンコールワットに向かいます。



初めてアンコールワットに来たときは、ブタ子ちゃんと私とナロン君の3人で原付に乗って
森の中を走っていきました。
15年くらいたった今もほぼ変わらず、森の中を月あかりを見ながら走るのはなんとも癒されます。
(今回は車だけど。)

Angkor Wat1


昔はこんなに人いなかったと思うけど、今や朝のアンコールワットは混み混み。
日本人より、中華圏の方が圧倒的に多いです。

ベタな観光地ではありますが、やっぱり実際来ると、毎回
「すごいなー」
と(陳腐な言葉で申し訳ありませんが)思うわけで、
見に行ったことが無い人には、早く行ったほうがいい!とも思うわけですよ。

マジ、絶対、いいから!

アンコールワットを見る時にいつも考えるんです。

森の中にこんな大きなものを、どんなふうに造り、
どんなふうに人々が生活していて、
今は朽ち果てたアンコールワットの最盛期はどんなだったのかを考えるだけでワクワクします。

Angkor Wat4


太陽が昇りつつあるを歩いてアンコールワットにいきます。
私は多分この先、結婚もしないし家族ができることもないので、
ブタ子ちゃん家の娘ちゃんをお借りして、
家族の図(仮)の写真を撮ってもらいました(*^_^*)

Angkor Wat3


この日は残念ながら曇りで神々しい朝日を見ることはできませんでしたが、
アンコールワットが神々しいので、私には十分です。

Angkor Wat2


それより、個人的には今回は月明かりのアンコールワット、よかったなー。
私の腕前では、素敵さが伝わりませんが。
そうそう、今回カメラもっていかなかったのー。iphoneのみ。
今やiphoneのカメラの性能いいので十分ですな。

| 2018年7月カンボジア | 09:58 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT