三十路ライフCambodia カンボジア

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【最終回】ヤンキー、カンボジアに現る。~台湾へリンク~

トレンサップ川

大変皆様、長い間お付き合いありがとうございました。
私にとってカンボジアの旅は、憧れ続けたアンコールワット遺跡のすばらしさに感動すると同時に、
大変色々なことを考えさせてくれる旅となりました。
色々な人々に助けられ、旅を続けることが出来ました。
カンボジアの人々に本当に心から、感謝です。

私とブタ子ちゃんは帰国後、カンボジアにいる子供達に何か出来ないかと、
色々なNGO団体や学校を設立された方などに問合せをいれ、力になれることがないかと探しました。しかし、本当に私達が送ったお金が子供達にきちんと渡っているのかが、
どうも信じられず、結局現在に至っています。

もっと早くこのことに気付けば、シェムリアップのホテルの近くに孤児院があったみたいなので、
行けばよかったなど後悔をしています。
ただ、私にとって、世界にこういう子供達が、沢山いるという事が分かっただけでも
大きな経験でした。

さて、この写真。プノンペン、トレンサップ川で休憩中の写真ですが、見覚えのある方も多いでしょう。そうです、この後私達は、台湾へ。

ヤンキー、カンボジアから台湾に移動。

ありがとう、カンボジア。また会いたい人が沢山いる国。となりました。

| Cambodia カンボジア | 10:25 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

プノンペンの印象とは・・・

プノンペン道端とお坊さん


アジアを回りすぎたのでしょうか・・・。
プノンペンの町ってどんな感じ? と聞かれると困ってしまいます。
タイの寺院に似た王宮、雑多な感じはベトナムにも似ているし・・・
でもベトナムほど、おしゃれスポットがあるわけでもなく、
アンコールワットのあるシェムリアップから比べると、欧米人がものすごく少なくなります。
観光化は恐ろしく、されていません。
街中に出来たというショッピングセンターにも行って来ましたが、
確かにキレイに陳列されており、清潔感もありますが、シケシケでした。
まぁ長居をする場所ではないかなと・・・。

アンコーチュム

夜、地球の歩き方に載っていた、アンコーチュムというご飯やにいきました。
ここは、肉団子が入った麺料理が有名と書かれていました。
確かに繁盛していて、中のお兄さんも愛想良く私達に接してくれましたし、
味もなかなか美味しかったですよ!
その後、これまた「歩き方」に載っていた「クメールデザート」という店に行きたかったのですが、全くたどり着かない・・・
どころか、ドンドン暗いほうにいってしまう私達。
そのときブタ子ちゃんが、「やめよう」と一言。
ブタ子ちゃんが言うのも無理ありません。
本当に、「もっと街を明るくしようよ!」といいたくなるくらい、暗いんですよ。
モスクワの空港以来の暗さでしたね。
明るさと国の発展は比例しているのかも・・・とも思いました。

まとめ→プノンペンで長居は無用。


| Cambodia カンボジア | 11:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アジアで初の「お腹を壊した」こと。

プノンペン・セントラルマーケット

そろそろカンボジアも終わらせないと・・・という気になってきました。
プノンペンはちゃっちゃっといきますよ。

私達の泊まっていたモラカットホテルからはセントラル・マーケットが
とても近いので行ってみました。
とはいえ、実は私、プノンペンに着いて若干お腹を壊しました。
とっても、スゴイ腹痛というわけではないのに、何故か食べた物がそのまま直下・・・
(食事中の方、すみません。)
多分12月冬の東京からいきなり夏のカンボジアに来て、疲れていたのかも知れません。
消化機能が落ちていたのでしょうね・・・
トイレ事情が悪いので、とりあえず落ち着くまで、1人ホテルでじっとしていました。
薬を飲んで、少しウトウトしていると、なんとなく治ってきた気がしたので、私も外へ。

マーケットは相当大きくって、なんだか美味しそうなものもたくさんありました。
そうそう、よくテレビで、芸人の方が、アジアでを食べたりしているじゃないですかー!
実際虫料理って見たこと無かったのですが、このマーケットで
かごイッパイの虫を見ましたよ!!!

その籠が、軽く私の腰辺りまである大きさなんですが、
売っているおばちゃんはつまみ食いをしながら仕事しているんですね。
ううーん、一番下の虫はどうなっているのでしょうか・・・。
老舗うなぎやのタレのように、何年ものとかになっていそう・・・。
好奇心旺盛なブタ子ちゃんもさすがにこれにはチャレンジしていませんでした~

| Cambodia カンボジア | 21:43 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

パパイアを食す。

パパイアを食べる

プノンペンに戻ってきました。
プノンペンでは中国系のモラカットホテルに滞在。
2人で15ドル~20ドルくらいだったと・・・。
まぁ、普通の下という感じでしょうか。
というのも、シェムリアップのホテルが良かったので、それから比べるとね・・・。
さて、シェムリアップで、ナロン君ママからもらったパパイアを
延々ここまで持ってきましたよ! ホラ!私の顔と同じくらいかも!!

パパイアを切る
 さて、せっかくなので、いただきましょう!
 大きくって、持って来たナイフでは反対側まで届かない!!


パパイアを食べる1

いっただきまーす!
ただ、私は、甘い果物(例えば、カキ、びわなど)がちょっと苦手・・・。
果物はすっぱい物と想っているので・・・(子供の頃、青いみかんがだいすきだった。)
そして、2人では食べきれず、半分ホテルの人にあげました。
でもナロン君ママの気持ちには感謝感謝です~

| Cambodia カンボジア | 07:39 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

プノンペンで再会!!

シェムリアップ帰り

この写真を、以前に載せたことがないだろうか・・・と不安になっているわたしなのですが・・・
見たことがあったら、「話も聞いたし、見たよ!」というツッコミを入れてください!
この写真はシェムリアップの空港でプノンペンに向かう朝のこと。
私の前に座っていた男性・・・オーストラリア出身の男性なんですが、
「お花だより」とかいてあるTシャツを着ていて「なぜお花だよりなんだ?」
と気になって仕方なかったのです・・・。
どこで買ったのかと聞くと、タイでご購入だったそう。よく意味も分からず買ったらしい。
良かったね、カワイイ言葉で。 逆に私に「お花だよりってどんな意味?」と聞いてきたので、
そんなに大して英語を話せない私はブタ子ちゃんに助け舟をしてもらい、説明。
ほほーぅと関心していました
さて、プノンペンに着くと、なんという偶然でしょう!!!
一番初めに出会った、インターコンチの方にまた会いましたよ!!!
再会!
もぅビックリです! まさか二度も会うとは!
きゃーーー!と私は思わずハグしそうになったら、
ビックリしていた・・・こちらはそういう習慣が無いのかも・・・
私達は紹介してくれたナロン君がとてもいい子だったこととかを
しばし話しました。
しかし、ここまで良くしてもらったのに、インターコンチに泊まることはせず・・・ごめんよ~。
でも彼がいなかったら、始まらなかったこの旅。
今度行ったら泊まるから、それまで頑張ってね!

| Cambodia カンボジア | 06:46 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT