三十路ライフ2017GW

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2017年 バルト2国・ロシア・フィンランドのお土産

GWの旅で買ったお土産を紹介して、今回の旅行記終了です。
フィンランドのお土産はマリメッコのみなので、前の記事でご覧くださいね~

【ラトビア】

1-P5091011.jpg

●Laimaのチョコレート

Laima というメーカーがあり、直営店もありますが、スーパーなんかでも気軽に買えます。
友達のお土産用に購入。
日本で言ったら明治とか森永あたりの立ち位置なんでしょうか…。
明治や森永は色々なお菓子などを出していますが、ここはチョコのみのようです。
すごく色々な種類があって、私は左下の黒いパッケージのチョコと隣のレモンピールが入っているものを食べましたが、
チョコ自体はいたって食べやすい味で結構ドライフルーツも酸味がきいたものが入っていて、なかなか美味しかったです。

ちなみにレモンのはまだ冷蔵庫に残っています…。(しょっぱいもの好きだから、なかなか減らない。)

1-P5091008.jpg

●ディル味のポテチ

コンビニ買って食べたらハマったポテトチップ。ディル味。
さわやかなディルと塩っぽさが、もぅ箱買いしたいくらいだった…。
今思い出しても食べたい…。

1-P5091016.jpg

●はちみつ~!

沢山、試食させてもらって血糖値マックスで買った一品。
蜂蜜って花によって本当に味が全然違うの。
そして何より価格が安い!
まだ旅の始まりだったので1つしか買わなかったのですが、
日本だと水あめが混ざっているものや、100%の蜂蜜はすごく高価。
本当にあと3つ位買ってきてもよかったなー。


【リトアニア】
1-P5091017.jpg

●チョコレート・ナイーブのチョコレート

これはかなり高級で1枚700円くらいした。箱のサイズ的にはCDくらい。
バラマキではなく、大切な友達用に購入。
そしてもう一枚は、まだうちにある。未開封。
渡した友達に聞いたら、外国のチョコレートぽかった…とのこと。

むむむ。
アメリカのとかは「歯が解けるくらい甘い」とか表現するけれど…。今年中には食べたいと思います

1-P5091021.jpg

リトアニアの産業の一つ「リネン」

工房があるお店で購入しました。サラッとしていて、夏でも涼しい感じで使えるスカーフ。


【ロシア】

1-P5091015.jpg

●アリョンカちゃんチョコレート。(アリョンカちゃんというのはパッケージの子)

もぅチョコばっかり…。
これも友達にもあげたけれど、一応自分でも食べてみたくて、数個冷蔵庫に在庫ございます。
ロシアでもとても有名なブランドのようで、Krasny Oktyabr Chocolate というのが正式名称。
私は路面店で買ったのですが、スーパーなどでも購入できるそう。
確かに価格的にはお手頃で味も明治チョコレートなどにとても近く馴染み深い味でした。

1-ファイル_000-001

●スタバのタンブラー

ロシアはやっぱりこれでしょう。
あまりに有名ですが、「ロシア」と書かれたマトリョーシカタンブラーは見たことあったのですが、
サンクトペテルブルグと書かれているのは初めて見ました。
ロシアと書かれているものと、サンクトペテルブルグバージョン、
何が違うかと言うとマトリョーシカの洋服の色が違うだけなんだけれどね。
まぁ、訪ねた土地ということで「サンクトペテルブルグ」バージョンにしました。

本当はマトリョーシカを買いたかったのですが、今持っているものよりさらに大きいものを買おうとすると
なかなかの高額で手が出ませんでした…。
いつかまたどこかで買いたいと思います。

長らくお付き合いいただきありがとうございました。
次回からは6月に行った台湾となりまーす!

| 2017GW | 18:12 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

リガってどこですか?

今回の旅ではヘルシンキでラトビア・リガ行きに乗り継ぎをしなければなりませんでした。
この乗り継ぎ時間70分しかありませんでした。
昨年のGW旅でバンコク~シェムリアップ間の乗り継ぎが90分で、めっちゃカウンターの人が先輩スタッフにそのことを相談していて不安になりましたが今回はそれより短いのです…。
その時の話はこちら→http://misojilife2.blog50.fc2.com/blog-entry-1544.html

4/30に出発だったわけですが、意外にも成田ガラガラ。
JALカウンターもガラガラでチェックインもスムースに済むなと思っていたら・・・

パスポートを出すとスゴイじっくりと見ているスタッフさん。
やはり乗り継ぎ時間が少ないことを言われるのかな思ったら、「最終目的地のリガって・・・国は・・・」

あーなんだ乗り継ぎ時間のことじゃないのね。
荷物も最終地までピックアップなしで行けるということなので、安心しました。
しかし、この時期カウンターの人は研修中の人が多いようで、
隣のカウンターでも若いスタッフさんが先輩スタッフさんに色々教わりながら仕事をしていました。

出発、若干遅れました。
乗り継ぎが短いので、ちょっと遅れてもドキドキです…。

1-008.jpg

ヘルシンキに着いた時は乗り継ぎまでに30分しかありませんでした。
降りて、即効次のゲートを確認して小走りでゲートに向かいます。

なんだか去年といい、今年といい毎年GWは空港内を小走りしていますな。
去年のスワンナプーム国際空港とは違い、こぢんまりしたヘルシンキの空港、
あっという間についてしまいました。

1-010.jpg

ちょっと走ったので小腹がすいたなーと思ったんだけど
先に旅立った友達がヘルシンキ、何でもかんでも高い!と言っていたので
自販機見たら、スニッカーズみたいなお菓子が200円くらいするっ!
東京から持ってきた飴ちゃんで飢えをしのぎました。

1-011.jpg

ヘルシンキからラトビアに行く日本人は私だけかなーと思ったら、意外に数人いてちょっと驚いた。
ヘルシンキはスルーなのか、はたまた私のように帰りに寄るのかな…・
ヘルシンキに着いた時はあまり天気が良くなかったのですが、出発時には晴れました。寒かったけれど。

1-012.jpg

ラトビアに着いたらとてもいい天気。写真の男性、半そででいるけど、こんなに暑くはないからね。
ふつーに寒いからね。
眠かった気分がふっとびましたから。

さて、この日から友達と合流です。

| 2017GW | 09:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ちょっと手が届きそうなプレミアムエコノミーについて

やっぱりプレミアムエコノミー、いいです!
ビジネスにグレードアップするお金はないですが、
プレミアムエコノミーであれば機会があれば今後もグレードアップしたいなぁ・・・

っていう前に働けよって感じですが。

今回はHISでチケット買ったのですが、行きがプレエコ、帰りが普通のエコノミーっていうチケットでして。
もう旅行までに時間がなかったので、とにかく速攻チケット探したのですが、
同じ時間でどこよりも安かったのがHISだったんです。
で、行きがプレエコって書いてあったので、「てるみくらぶ」の件もあったので、HIS潰れるのかと思いましたよ。←失礼…。

機内にいる時間の長いヨーロッパだったら、お金をかける価値ありです。
足元広いし、横がとにかく広い。(ビジネスなどと比べるの禁止ですよ。)
私は身長が166cmありますが、エコノミーだと膝がぶつかるので、イーーッてなりますが、
プレエコならかろうじて足が延ばせます。
あと寝返りがうてる。これも楽でした。

昨年のGWにバンコクから帰ってくるときに、たまたま空港のカウンターでプレエコを投げ売りしていたので
その場で買いましたが約10,000円でした。
※その時の記事はこちら→http://misojilife2.blog50.fc2.com/blog-entry-1562.html
深夜便だったし、この一万円という価格が、つい手を出してしまう価格よね…。

ヨーロッパ路線だといくらくらいなのかなーと思っていたら、帰りのJALカウンターに300ユーロって出ていました。
このころのレートで約37,500円位です。
最後の工程が非常にハードだったので、誘惑にかられましたが、

帰ったら無職なんだぞ私!

と言い聞かせてエコノミーで帰りましたよ・・・
もうちょい席が空いていれば安くなったのかも?

行きのプレエコで爆睡しようと思っていましたが、映画「沈黙・サイレンス」やっていたのでそれ見たんだけれど、
なんと160分もあって長いわ、隠れキリシタンの洗脳されるわでした。
旅先で教会入るたびに、「あなたを裏切ってすいません」みたいな気持ちに。

生田斗真の「彼らが本気で編むときは」も見ちゃいまして、割とあっという間についちっゃた感じです。

帰りは香港映画2本見ちゃった。

| 2017GW | 09:14 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

最近の機内食と便座カバー

機内食を撮影するのはなんだか恥ずかしくって、一切撮らないのですが今回は撮ればよかったと後悔しました。
食事は二回でたのですが、二回目はなんとスープストックトウキョウのスープでした!
さすが、さすがだよ、JAL。
実物の写真が無いので、機内でもらったしおりの写真を。

1-ファイル_000 (1)

1-ファイル_001


到着してから友達に「それはプレミアムエコノミーだから?」と聞かれましたが、残念ながら違います。
エコノミーのお客さんも同じでした~

最近、色々と機内食を楽しんでもらおうと、有名フードスタイリストとのコラボや吉野家なんてのもありますが、
結構こういう普段親しみのある味が、気軽に機内で味わえたほうが嬉しいかも…。
(エコノミー客に限ると思いますが。)

さて、今回乗った機体ですが、すごく新しくって、トイレもウォシュレットがついてました。
機体の真ん中にあった4つのトイレのうち2つは中がとても広くってお子さん連れなどにはとても使いやすそうです。

そんな中、腹立たしいのは便座を上げたままの人!!

もぅさー、男女一緒なんだから、気を使ってほしいです。
便座を触らなくってはいけない身になってくださいっ!
私は触らないように一回蓋ごと閉めてからもう一度開けてますけれど。

この話題って機内だけではなく、男女一緒のトイレのところで話題になってますよね。
話題になってんだから、下げてほしいです…。

| 2017GW | 09:30 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

天候の予想が難しい= 洋服どうするか…

1-005.jpg

GWの旅では4カ国に滞在したのですが、旅行が決まった後から滞在する街すべての気温や天気を定点観測していました。
寒いのはなんとなく予想できていましたが、寒さがどの程度かってことです。
そして、国によって違いがあるのか?
コースとしてはこのようになっていました。
(友達は私より2日前に旅立っていて、ラトビアで待ち合わせ)
成田→ヘルシンキ経由ラトビア・リガ(2泊)
ラトビア・リガ→リトアニア・ヴィリニュス(3泊)
リトアニア・ヴィリニュス→ヘルシンキ(1泊)
ヘルシンキ→ロシア・サンクトペテルブルグ(1泊)
ロシア・サンクトペテルブルグ→ヘルシンキ(1泊)
ヘルシンキ→成田
行く前から、なんとなくラトビアとリトアニアは12度とか14度とか昼間は10度超えしているようでしたが、
ヘルシンキとサンクトペテルブルグは日中もどうも2桁にいかないことが多く、1桁台。
酷い時にはマイナス温度で雪マークなんてこともありました。
一番嫌だったのは、寒さに耐えられず気に入らない洋服を向こうで買ってお金の無駄使いをすること。
物価高の北欧で買うことだけは絶対避けたかった。
で、最後まで迷ったのはダウンコート。
もともとはショート丈(おへそのあたりまでの丈)のものを持っていこうと思っていましたが、
先に行っていた友達のインスタグラムを見ると、なんとも寒そう!!
しかもヘルシンキでは雪、エストニアのタリンでも雪&うす暗い写真がアップされているではないですか!
もともと友達も軽めのダウンを持っていく予定にしていたのですが、
インスタの写真を見ると厚めのダウンに変更になっていたので
私もお尻が隠れるくらいの丈の厚めのダウに変更しました。
が、
ぼわーん としているのでトランクに入らず。
エコバックで持っていくという…。
でも結果的には私も雪に降られたこともあったので持って行って良かったです。
ダウンってがさばるので荷物にはなりますが、重さ的にはさほど重くないので無理をしてでも持って行ってマジで良かった。
でも友達が先に行っていたおかげでお天気情報もわかることができました。ありがとう~~

| 2017GW | 11:51 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT