三十路ライフ2017GW リトアニア

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

リトアニアからヘルシンキへ 機内ザワつく。

リトアニア空港2

5月5日、友達とはヴィルニュスでお別れです。
ちゃんと計画立ててくれた旅行に便乗できて本当に感謝でした。
一人だったら、たぶんダラダラして
「今日どこ行こうかなー」なんてその日ぐらしになっていたと思うから。
空港は近かったのでホテルからタクシーで空港に行きました。(1500円弱だったと思う。)

リトアニア空港8


友達はコペンハーゲン経由で日本へ。
私はヘルシンキに一旦戻って一人旅です。
友達が載る飛行機と私の便が30分違いだったので、一緒に空港に来たんです。
が、私の乗るヘルシンキ行きはカウンターがめちゃ込み。
一番左がプライオリティの列だったのですが、結構みんな左側に行くんで、
並んでいる男性に「ここ平気なの?」と聞いたら、「わからないけれど、トライしてみる」というので
私もトライしたら、全然平気だった。
何だこれ。

リトアニア空港3


空港内に唯一あったカフェ。先に入っていた友達がお茶していたので合流。
さすがに空港内はちょっと高いね。
しばしおしゃべりをして、私より早い便の友達はゲートへ。

リトアニア空港6


私も遅れて機内に…。が、しかし、ここから予定が狂い始める。

リトアニア空港4


機内に入ってしばし待つも飛ぶ気配なし。
どうした?と思っていたら飛んでもいないのに、ドリンクサービスが始まる。
機内アナウンスがなくサービスが始まったので、お客さんたちがCAさんに尋ねるが
「もう少しで飛びます」的な回答をしている。

でも30分たっても飛ばず、電気も消える始末。
やっと機内アナウンスが流れ、「システムトラブル」だと。
システムトラブルってなんなのよ…。
その後、整備士さんが何名もやってきて、コックピット丸見え。
若干機内がざわつく。

でこういう時、私は飛行機が嫌いっていうのもあるからなんだけれど、めちゃめちゃ不安になる。
でもほかの外国人の人たちは一瞬ざわついたものの、新聞読んだりおしゃべりしたりしている。
私もそんな鉄の心がほしいよー。

約一時間遅れで飛ぶ。
この日午後からの予定を立てていたのだけれど、結局変更したわー。

| 2017GW リトアニア | 12:31 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

10代だというのに超ジェントルマンなスタッフがいるイタリアン

リトアニアとラトビアに入ってから麺ものを食べていなかったので、麺が食べたかった私たち。
そうそう、ラトビアもリトアニアも「中華」って見かけなかったなー。
googleマップで探したら出てきたけれど。
大抵どんな街でも中華料理のお店って絶対あるけれど、旧市街内では見つけられなかったのよね。

1-P5030619.jpg

で、イタリアンに入ってみましたよ。
この旅で夜は下調べをしてレストランを予約したりしていたけれど、
ランチは基本的に行きあたりばったりでした。
ここのお店も下調べは全然していなかったんだけれど、
歩きながら見たgoogleマップ内の評価でもなかなかよさげだったのでここにしました。

1-Fiorentina.jpg

なんか素朴なイタリアンって感じのインテリア。
丁度お昼時だったので、ランチ中のサラリーマンの人やOLさんっぽい人がいましたよ。
入り口でどこに座ろうかと悩んでいると、中にいたおじさんが好きなとこ座って。みたいなことを言われた。
このおじさん、ご飯を食べていたのだけれど、まかない中だったのか、客だったのか不明…

んで、ここのスタッフ、若い男の子が一人で注文取って、料理出してってやっている。

1-P5030618.jpg

ここのお店、こんな感じに外の席もあります。
席数としてはかなりあるレストランです。
夜は賑わうのかな?

1-fiorentina_2.jpg

さて、こちらトマトのパスタです。
麺が柔らかかったらやだなーと思っていたけれど、そんなことはなく適度にもちもち。

で、さっきの男の子。
私がミネラルウォーターの瓶の蓋が空かなくって四苦八苦していたら、
「それは僕の仕事だから!」
とササッと瓶をとってあけてくれました。(((o(*゚▽゚*)o)))

本当によく働く男の子で一体いくつなんだろうと2人で噂をしていたのだけれど、
友達が最後に大胆にも質問してくれた。

19才だった~!

人差し指をシーっとするようなしぐさをして
「みんなには内緒ね♪」
と。

おばちゃん、金髪で色白で顔の小さい気の利く男の子に倒れそうでした。

やっぱに目に見える優しいしぐさやサービスに心惹かれるわ~。

そういう意味も含めて、★三つ!


Fiorentino
http://www.fiorentino.lt/

| 2017GW リトアニア | 21:12 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

リトアニア最後の晩餐とリトアニアの夜

リトアニアで最後の夜です。この日も予約してあったレストランへ。
久しぶりに友達と旅行に出て本当によかったと思ったのは、やっぱり食事。
観光タイムは一人でもまぁいいんだけれど、
食事の時間は友達と一緒のほうが美味しさが共有できるし、
女性同士だと盛り付け一つとっても「キレイ~~」とか、
イケメンスタッフがいれば「カッコいい~」とか
店内のインテリアが良ければ「素敵~」とか言いながら食べるのはとても楽しいです。

1-P5050719.jpg

最後のレストランは「Bistro18」路地の奥まったところにあるレストランで間口は狭いですが、
中は本当に広くって席もゆったりしていました。

1-P5050718.jpg

ちょっとこの写真だと広さがわかりませんが、結構な席数がございます。

1-ファイル_001

1-P5050715.jpg

サラダとメインはサーモンの焼いたもの。肉厚で表面がパリッと焼けていて白飯ほしくなった。

1-P5050717.jpg

こちらは友達のメインのお肉。

1-ファイル_002

結構お腹いっぱいになったんだけれど、最後の日だったのでデザート頼んじゃった。
クリームブリュレ。
結構な量で、本当にお腹いっぱいだった…。

ここも夜になると結構混み合っていて、にぎやかでしたので、
行かれる方は事前予約をされたほうがいいと思います。

1-ファイル_002

さて、これは前日だったと思いますが、ヴィリニュスにはたくさんの歴史的建造物があるので、
夜になったらライトアップされてさぞキレイなんだろうとご飯後に散歩したんだけれど、
全然ライトアップされていない…
されていてもライトが弱い。
インスタグラムとかで、結構キラキラした街の様子が挙げられていたんだけれど、
あれは修正だったと現場で知るという…。



これは夜22時近く。
やっぱりこの時期、暗くなるのが遅いうえ、ライトがキラキラしていないから
まぁー暗いっての。
でもここの周り、人がいっぱいいて、陽が長い初夏の時間を楽しんでいるようです。

Bistro18
http://www.bistro18.lt/
https://www.facebook.com/bistro18/

| 2017GW リトアニア | 23:56 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

命のビザ発行の地・カウナスへ

すいません。今回ちょっと長いです。

リトアニアでは前にご紹介した「十字架の丘」のシャウレイと今回ご紹介するカウナスが大きなイベント。
カウナスは数年前に唐沢寿明さん・小雪さん出演で「杉原千畝」という映画がありました。

有名な方なので、説明は不要かと思いますが、ちょっとだけ。
----------------------------
杉原千畝さんは第二次世界大戦中、リトアニアのカウナス領事館に赴任。
第二次世界大戦中、ナチスによる迫害から逃れるユダヤ人のために独断で日本通過のヴィザを発行した。
およそ6,000人にのぼるユダヤ人避難民を救ったことで知られる。
杉浦家がリトアニアから出国する列車がカウナスを出発するまでビザを書き続けた。
参考:wikipedia
---------------------------

リトアニアという小さな国で今でもその功績を歴史に残しているというのはすごいこと。
そして日本人としてなんとも誇らしい気持ちになります(←何様じゃ。)

カウナス 列車

カウナスへは、ヴィリニュスから列車でいきました。
列車は快適です。2,3両編成の小さいものですが、中はとてもキレイで乗り心地抜群です。
乗車賃は残念ながら忘れてしまいましたが、2等者で700円くらいで乗れます。
2等車でも広々しているしきれいだし、まったく問題ありません。

カウナス 駅

電車だと1時間ちょっとでつきます。
バスもありますが、電車は時間が読めるところが、やはりメリット。

カウナス 市場1

マーケットがありました。本当に地元民向けという感じです。

カウナス 市場2

カウナス 市場3

花がとても多く、ホームセンターの駐車場みたいな感じ。
あじさいって、こっちでもあるんだなー。
この日はとてもぽかぽかしていて、日本の春みたいな感じ。
こちらの人、前にも書いたけれど、温かい時が短いと思うから、こういう時期にお花を楽しんだりするんだろうなって思う。

カウナス モスク

近くの公園にあったモスク。ここは中にはいれません。
ソ連時代はこのモスク、なんとサーカス小屋として使われていたという!!!
ひどい話!
イスラム美術館を設立する計画もあったそうです。モスリムの方、さぞ生きにくかったでしょう…

カウナス 階段

カウナス、魔の階段。
杉浦千畝記念館に行くまでの階段です。記念館は丘の上にあるのです…。
この写真だとあんまりスゴイ感じがしないのですが、もぅスゴイ段数で、
乳酸たまりまくり、息切れまくり…。ゼーハーゼーハー。

カウナス 杉浦千畝 案内

登り切って、少し歩くとこんな表示が。やったぁぁぁぁ。

カウナス 杉浦千畝 記念館2

こちらが杉浦千畝記念館です。
杉原千畝氏が領事としての任務にあたっていた旧日本領事館を記念館として使っています。

カウナス 杉浦千畝 記念館1

日本語で書いてありますよ。
ここの領事館の前の道は結構小さい道で、今は静かな住宅街になっています。
過去、どのような建物が多かった地域なのかわかりませんが、
実際にビザを必要とした人たちがこの道の前にたくさん集まったということで、
その時窓から外をみた杉浦氏は本当にびっくりしたでしょうね。

カウナス 杉浦千畝 記念館内

執務室です。まるで今でも使っているかのようになっています。
ここは私たちのように観光客からの募金と「杉原(命の外交官)基金」という団体で維持をしているそうです。
とてもきれいに保たれています。

カウナス 杉浦千畝 記念館内2

ビザを発行して助かった人たちの名前。
本当にたくさんの方が助かったんですよね。
ビザによって助かった人のお子さんたちがまだ生きていて、お礼を言っているテレビを前に見たことがあります。
外には桜が咲いていてすごく穏やかな時間が流れていました。
このビザ発給後もリトアニアにとっては色々と大変なことがあったと思うのですが、
こうして穏やかな時間が流れて観光ができることはありがたいことです。

バスターミナル 食事 (2)

帰りはバスでヴィリニュスまで帰りました。
バスステーションは改装したばかりで、めちゃめちゃきれいでした。
ここで遅いランチを食べて行きましょう。と思いましたが、英語表記が全くないので全然わかりませんでした。
沢山のおかずが並んでいて、好きなのを選んでいく感じです。


バスターミナル 食事

もぅ見た目で選ぶしかなく、こちら見た目カレーっぽいですが、煮込みっぽい料理でした。
ビーツ要らなかったのに、たべろというので頼んだら盛りだくさん…
ボリューム満点でお腹いっぱいで帰りうとうとしちゃいました…。

日本人として杉浦千畝記念館は絶対見てほしい場所です!
ぜひヴィリニュスに行かれる方は1時間ちょっとなので、行ってみてくださいねー



| 2017GW リトアニア | 16:07 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

とにかく、ヴィリニュスの街お散歩してみて!!

なんだか、GWから帰ってきたあとは旅のことを書かねばと思っていたのですが、
どうにも筆がすすまないので、一気にながしますよっ!


1-0503.jpg


さて、ヴィリニュスの話、いってみましょう。 こちらハレス市場です。
ラトビア・リガの市場より、かなり地元向け市場です。
リガの市場もフィンランドとかに比べたら、全然市場感すごいんですが、それ以上です。
食品から、誰がこれ買うんだろう…というような洋服や水着まで…。
色んなものが売っています。
地元の生活を見るらはぜひ寄ってみてください!






お次は有名な「夜明けの門」です。
皆さん、こちらで讃美歌をうたっていれば、外でも歌い、祈りをささげるという敬虔な場所です。


1-05031.jpg


ヴィリニュス大聖堂です。
左下のタイルですが、バルト三国が独立を求めるときに「人間の鎖」を作ったという話は有名なのですが、
その起点がここなんです!
このタイルの上で3回転すると、願いが叶うという言い伝えがあ…黄色い本に載っていました。
はい、もちろん私も友達もトリプルアクセルしてきましたよ。 


1-05032.jpg


ヴィリニュスの街かど。
洗練されたお店から、昔ながらの街並みまでなんでもございます。
本当に女性には街歩きがたのしいところなので、おすすめですよー。

あぁ、なんて雑な記事。すいません。

| 2017GW リトアニア | 17:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT