三十路ライフ2017GW ロシア

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

サンクトペテルブルグ、チラ見の旅 最後の最後に地下鉄に乗ってみた

さて、街をウロウロして、サンクトペテルブルグを離れる時間になりました。
訪問するまでは「街にいる人は全て怖い人」というイメージを持っていましたが、
意外にも優しい方たちばかりで、街もきれいで、物価もさほど高くなく、また行きたい~!!

フィンランドからサンクトペテルブルグに着いた時はタクシーで町中まで来たのですが、
なんせボッタくりタクシーばかりだと思ったので、帰りは意を決して地下鉄で列車の駅までいくことにしましたよ。

窓口に行って地図で行きたい駅を指さして切符を求めると
めっちゃ無表情のおばちゃんが金額らしき単語を言われたのですが、何を言っているかわかりません。
How much?ともう一度聞きました。
窓口はガラス張りなんですが、すごい勢いでガラスを指さします。
これガラスなかったら目つぶしされるレベル…って思うくらい、鋭く指さされました。
見ると金額が書いてありました。

焦っているから、間違った金額を出したら、
おらー!!ちゃんと確認しろよっってさらに金額が書いてある窓を指さされましたよ…
うぎゃー。怖い。これこそ私がイメージしていたロシア人おばちゃん~!!

1-地下鉄5
サンクトペテルブルグ 地下鉄 


噂に聞いていた通り、ホームに行くまで、すごい深い!!
私は大江戸線沿線に住んでいますが、深いといわれる六本木レベルです。
六本木は改札を抜けてからホームまで一直線ではなく、1回エスカレーターを乗り換えるのですが、
サンクトペテルブルグはそれが無い感じです。
先も見えないし広告もなく無機質なのでなんかこわいです。

1-地下鉄6


ホームはちょっと装飾があります。
ここは装飾が少ないですが、もっとすごくきれいな地下鉄ホームもあるようなので、もっと見てみたかったですね。
でもこの時はテロがあったばかりなので、こんな深いところで煙とかに巻かれたら逃げられないだろうなーと
電車に乗るまでドキドキしました。

ホームについて左側の電車に乗るのか、右側の電車に乗るのか分からなくってgoogleMAPを見ていると
一人のご婦人が声をかけてくれました。
ありがたく、自分の行きたい場所を地図で示すと「わからない」との返事。

あらら…。(^^;)

この方、ロシア人でしたが観光客だったんです。
でも、まぁこういう優しい方がいらっしゃるお国柄です。

1-IMG_3839.jpg


地下鉄降りるとゲートが準備してありました。
ちなみに行きもありましたが、怖いおばちゃんのせいで取り忘れました。
私の前にいた男性がピーッとなって、止められていたので一応機能はしているようです。


1-IMG_3841.jpg


駅のイミグレ。ここでパスポートと荷物検査をします。
この時はロシア側は結構乗るのも厳しかったのですが、フィンランド側はフリー。
でも先日のフィンランドのテロで今は厳しくなっているかもですね…。


1-IMG_3843.jpg


行きはガラガラだったのですが、帰りは車内はすごく混んでいました。
フィンランド人も観光に行くのかしら…
これは社内の売店。食堂車もあるのですが、ちょうど掃除中でした。
景色が本当に美しいので、食事をとりながら列車の旅っていうのもいいですよねー。


1-IMG_3845.jpg


コーヒーとマカロン。
本当はしょっぱいものが食べたかったのですが、ここも掃除が始まっていて、これしかなかったのです・・
でもこのマカロン、3つ入って1.5ユーロって安くない? 車内は意外にお買い得です。

ウトウトしながらヘルシンキへ。 
なかなか興味深いロシア、今度はもっとゆっくり行ってみたいです。
そしてもっと温かい時期に。


| 2017GW ロシア | 16:16 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

サンクトペテルブルグ、チラ見の旅 ロシアのファーストフードはレベル高い?!

もうこの日のサンクトペテルブルグは本当に寒くて、
ダウンジャケットは当たり前、ヒートテック、マフラー、帽子を総動員しました。

じっと立っていると本当に寒いので軍事パレードを一通り見て、ちょっと街歩き。

1-P5070912.jpg


エルミタージュ美術館から橋を渡るときに見えた、ペトロパヴロフスク聖堂。
川岸に金色のものが見えると、どうも「タイっぽい…」と思ってしまう知識の少なさ。
川の近くはマジ寒い。早々に退散。


1-P5070927.jpg


サンクトペテルブルグのZARA。ちょっと素敵な建物に入っています。
かなり大きくて、ZARA HOMEも一緒に入っています。
ここも22時くらいまでやっていたよ~。


1-P5070943.jpg


ネフスキー通りにあった、古い建物をリノベして作ったパサージュ。
入った時は「わぁー素敵~~」と思ったけれど、
客もあまりいないし、スタッフもやる気なさそうだし…
何よりびっくりしたのはトイレ。
写真のように、とても新しくキレイなのに、トイレも造りはきれいなのに、中の掃除が行き届いていなくてげんなり。


1-P5070948.jpg


もう寒いし、疲れたのでお昼にしましょう。
サンクトペテルブルグに来たら入ったほうがいい!と口コミに書かれていた「テレモーク(Teremok)」。
ネフスキー通りにも何軒かありますが、ロシアのファーストフードです。
オーダーを取ってくれたカワイイお嬢さんは英語がわからない様子でしたが、
一生懸命私のオーダーを聞いてくれる姿はもう可愛くて惚れそうでした。


1-067.jpg


頼んだのはロシアのクレープ・ブリヌイとスープを頼みました。
ブリヌイはチョコレートなどが入ったデザート系もありますが、私はおかず系のものを。
スープはキノコのスープですが、クラッカーが付いていて自分で入れます。
マジでおいしかった。クレープも皮がうまし。
全部で309ルーブル(580円)でした。
店内はファーストフードというより、ファミレスのような造りで、ソファ席とかもあったり中は広々。
きれいだし、おすすめです。


1-IMG_3835.jpg


お店でいただいたリボン。街でもこのリボンを付けている人がたくさんいました。
何だろうとググってみると・・・「ゲオルギーのリボン」というそうです。
学生組織「学生共同体」が、05年の戦勝60年に合わせてリボンのキャンペーンをスタートさせたらしい。
「ファシズムに対する偉大な勝利を記念するもの」
「大祖国戦争(第二次世界大戦)の勝利を記念するためのもの」という説明が多い。

ロシアの記念日なので、郷に入れば郷に従えなので見えるところに付けたいところだけれど、
日本人として付けるべきなのかよくわからず、一応いただいて持って帰ってきました。(まだ持っています。)

サンクトペテルブルグのファーストフードはこの「テレモーク(Teremok)」といい、
前に紹介したPirozhkovayaといい、安くてメニューも多くてかなりレベル高いです。
一人で短期間の滞在だったらここの2軒で過ごせそうです!


テレモーク(Teremok)
http://www.teremok.ru/
※英語・日本語はありません。 google 翻訳機能使ってくださいね。

| 2017GW ロシア | 10:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

サンクトペテルブルグ、チラ見の旅 予想外のイベントでエルミタージュ美術館見ず。

15時くらいにサンクトペテルブルグを出なくてはいけないので、朝ごはんを食べて早々に出かけますよ~
前日に乗ったHopOn BUSに再度乗ってエルミタージュ美術館に向かいます。
エルミタージュ美術館は行く前には必ず予習をしていくように口コミサイトなどに厳しく?書かれていたのですが、
私はキンキラキンの豪華な室内が見たかったので、そのような口コミは気にせず行きます。

1-P5070878.jpg


が、しかし乗って10分くらいでのろのろ運転が始まり、近くで走っていたバスも停まり始めて大渋滞。
私が乗っていたHop Onバスも路肩に止まってしまい、ガイドをしていたお姉さんが、
「この先通行止めになっているので、ここで降りてください」と。

えぇーそんなの前日からわかっていたことではないの??

さすが、恐ロシア。

乗っていたお客さん、全員降ろされて、運転手さんもやれやれと言った感じでハンドルに持たれていました。


1-P5070881.jpg


昨日歩いた「血の上の救世主教会」のところの運河を、なにやら物騒なものを乗せていく車列が…
そういえば、友達とリトアニアで別れるときに「勝戦記念日は気を付けて」と言われていたことを思い出しました。
正確には5/8が記念日だそうなのですが、日曜日にイベントをしたのかも。
(この日は5/7でした。)

ちょっと歩いていると、空から爆音が…。



おぉっ戦闘機?!
私は航空ショーとかも見たことがないので、こんな風に飛んでいるのは初めて見ました。
しかも凄い勢いで何機も何機も飛んでいきます。
うっすら空にプーチンさんの「ドヤ顔」が浮かんできますよ・・・

そのほかにもヘリコプターやら、どやどやー!! 
と色んなものを飛ばしたり、走らせたりしてます…
す、すげーよ、ロシア…。

これで口あんぐりしているくらいだから、グアムを狙っているあの国の軍事パレードって
もっとすごいんだろうな…。



ちょっとカメラワークが下手すぎて酔いそうですが、イベントの雰囲気を…
警備自体はそんなに厳しくなくて、それなりの人数の警官は置いているけれど、
見物客は色んなところを渡ったり、ぐちゃーっとしているので、
みんなテロのことなどを考えている感じは残念ながらしないです。
でも警官が渡るなと言っていたところをすごい勢いで渡った男性が、めちゃめちゃ警官に止められていた。
撃たれるんじゃないかと言う勢いでちと見ていて怖かった。

ちなみに、ここはエルミタージュ美術館の前の宮殿広場です。

1-P5070924.jpg

軍人さん?


1-P5070896.jpg

女性の軍人さん?
もっと偉い感じの人はたくさんのエンブレムがついている黒い制服に身を包んでいました。


これのおかげでエルミタージュ美術館は昼過ぎまでクローズ。
行くのをあきらめました。
でもこのパレードのほうが、しょっちゅう見られるものではないので、むしろこっちのほうが貴重?!

ちなみにエルミタージュ美術館は帰国後、六本木ヒルズでやっていたのでそちらに行きました~
良い絵は日本に来ていたかもしれないので、現地で見に行っても、東京に貸し出してばかりで
現地エルミタージュ美術館の壁は穴だらけかしらーと思ったら、
なんとエルミタージュ美術館の総収蔵品は300万点以上あるそうです!!
なので、もし現地で見ていても、日本に来ているものが抜けていても気づかなかったかも…。あはは・・・

| 2017GW ロシア | 14:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

サンクトペテルブルグ、チラ見の旅 なぜか卵が白い

サンクトペテルブルグ2日目です。
ホテルには一応朝ごはんがついていました。(ちょっとこの話、FACEBOOKでつながっている方、再放送ですいません。)

1-サンクト 朝ごはん1


昨日、チェックインした時のフロントのテーブルが朝食置き場になっていて、
パンやゆで卵、ヨーグルトが置いてある。
野菜類は一切なし。
準備しているのは、昨日私がサンクトに着いた時からずーーーっといる女性。よく働くなぁ~

フロント横でごはんを食べているのはすべてアジア人でびっくりした。
中華系の人、韓国人。日本人は私だけだった。私入れて15人くらいだろうか…。
こんな小さなところによくもまぁアジア人が揃ったもんだ。

パンを取ったはいいけれど、今までいたバルト三国とは比べ物にならないくらいパンがおいしくなかった。
20代の時にアエロフロートに乗った時に出てきたパンが
「乾燥した部屋に3日間くらい置いておいた」
のかと思うくらいパサパサでびっくりしたのを思いだしたわ。

パンの表面がパサパサだと、パターつけてもバター側に生地を持ってかれるよね…。


1-サンクト 朝ごはん2


で、卵を割ったら、黄身がすごい白くてびっくりしたよ。
とFacebookで書いたら、
他の国でもそうだったというコメントをいただいたので、これはロシアだけではないらしい。

卵もサイズが小さめ。

あまりに中華系の人と韓国人の方が多いので、ちょっと肩身が狭く、早めに退散。

パンの質はもう少し上がるといいけれど、きっと高級ホテルならオイシイパンが食べられたのだろうな~。
まぁタダだし、ホテルは安いので良しとしました。

| 2017GW ロシア | 20:50 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

サンクトペテルブルグ、チラ見の旅 代表する古い本屋と古い食料品店

お盆休みが始まる中、まだGWの旅のことを書いている私をお許しください…。
海外に脱出の方、いってらっしゃいませ!!
北朝鮮が日本を横断してグアムまでミサイルを飛ばすらしいので、今や日本にいないほうが安全なの?!
とも思ったりする今日この頃です。

さて、サンクトぺテルブルグには教会やエルミタージュ美術館など歴史的な建造物が多いのですが、
それ以外にも面白い歴史のある「お店」があります。

1-SINGARビル_2


シンガーミシンってご存知でしょうか?
日本人だと蛇の目ミシンとかブラザーがメジャーところですが、シンガ―ミシンは歴史のあるイギリスの会社です。
wikiによるとイギリスに本社ビルがあるらしいのですが、
このサンクトペテルブルグにもロシア支社の本社として建てられたシンガービルっていうのがございます。
1904年にできたとのこと。

ロシア革命後にスゴイ大きな本屋さんになっていて、
ここにあるカフェは観光場所としても超有名
と言うわけで、入ってみようと思ったらアジア人の人々でいっぱいであきらめました。
ビル自体はアール・ヌーヴォ様式のとても美しいビルです。

1-ファイル_003


中には、本とか文房具とか忘れちゃならないマトリョーシカとかプーチンさんグッズが並んでいます。

皆さんとても本が好きなようで、座り読みしています…。
日本だけなのかな…立読みって。
台湾なんか、めっちゃ床に座って読んでるもんね…。

1-Eliseevsky.jpg


そして次は古いお菓子屋さんというか食料品店「エリセエフスキー(Eliseevsky)」
18世紀に建てられたものだそう。外にはカワイイ、からくり人形的なディスプレイが。
日本で言ったら「明治屋」? フランスだったらフォション、イタリアだったらPECKみたいな感じのお店です。

1-Eliseevsky_1.jpg


中はすごく豪華で、天井からはシャンデリアが、壁などの装飾も素晴らしいです。
建造物を見るだけでも楽しいです。
中にいるスタッフの方もパリッとした制服をきた方がいて、ドアにもドアマンがいましたよ。

この時も多分21時くらいだったと思うのですが、人でいっぱい!!
キャビアの缶詰とか売っていました。買ってみようかなーとも思ったのですが、何せエコバックで来ていたのでやめました…。


1-Eliseevsky_4.jpg


お菓子もパリのお菓子屋さんのように、キレイに並べられています。
ジェラートなのかアイスなのかわかりませんが、観光客と思われる人に大人気で、みんな買って食べていました。
寒いのに…。

人がいっぱいでささーっと見て去ってしまいましたが、トランクで来ていたら色々買いたかったなぁ~

| 2017GW ロシア | 15:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT