三十路ライフ【2013年 年越しホイアン】世界遺産の街・ホイアン(2)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【2013年 年越しホイアン】世界遺産の街・ホイアン(2)

年末に行ったベトナムの続きを書かなければと思いましたが、
どこまで書いたかすっかりわからなくなってまいました…
どこまで書いたかの記憶、旅行の記憶…薄れまくっています。

前回のホイアンの世界遺産はこちら→http://misojilife2.blog50.fc2.com/blog-entry-1263.html

5.クアンタンの家

その名の通り、人ん家です。

クアンタンの家2

300年前に建てられたらしいのですが、まだ実際に使っているらしい。ってのが凄い。
すごく奥行きがあり、これまたマレーシアなどにあるようなショップハウス風な作り。
中庭がありました。

クアンタンの家1

ホーチミンさんの写真もあり。

クアンタンの家3

一番気になったのは、このしるし。
中にいたガイドっぽいおじさんに聞いてみると洪水があった時のしるしだそうです。

勉強不足でホイアンで洪水があったなんて知りませんでした。
しかも一番最近のものは2009年。
1964年と書かれているところは私の身長くらい(166cm)かそれより高かったかも。
それでもなお、このように綺麗に見学できるようになっているのは素晴らしい。


6.福建會舘

福建會舘
中国人が作った寺院だそう。かなり大きなお寺です。
中国風の装飾が豪華でした。

福建會舘2
庭も広くって、よくわからん植物も…。
だ、大根?

福建會舘3
この御線香大好きだから、ついつい写真をとってしまう。
上向いているのも危ないけれど、いつ灰が落ちてくるかわからないから、
たびたび確認。

福建會舘4
仁王様???
怖すぎます。夢に出そう。

福建會舘5
こんな可愛い狛犬?も。


7.タンキーの家

タンキーの家1

200年前に中国人によって建てられてから、今現在まで使用されている家だそうです。
この家の中には、日本や中国などの物品も置いてあり、
商人の家だったことがわかります。

タンキーの家2

「●●の家」というのが何件かあるなかでは間口は小さいけれど、
中の家具は結構高級な感じのものがあいてあります。

タンキーの家3
日本のお皿。

裏手は川になっていて、雨季には浸水してしまうそうです。
私が行った12月も浸水はしていませんでしたが、
川がびっくりするほど増水し、道路まで水が着ていました。

ここは日本語の説明が置いてありますよ。
タンキーの家5
にゃんこがいました。


今日はここまで~。
いやはや、本当に記憶があいまいになってきていました…。
世界遺産のご報告はあと一回とさせていただきます…

今日は母の日でしたね。
状況は去年とは変わりましたが、カーネーションを持って実家に。
母の日は母の日ですから。誕生日みたいなもんです(^^)

| 2013年冬/ホイアン | 12:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://misojilife2.blog50.fc2.com/tb.php/1270-dc622e2d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT