三十路ライフ弾丸台湾訪問・短い飛行時間に何を見る?

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

弾丸台湾訪問・短い飛行時間に何を見る?

飛行機に乗ったら寝るか映画を見るかなんですが、
台湾への飛行時間は行きは約3時間半、帰りは3時間弱なので、
見始める時間と映画の選択を誤ると最後まで見られない…という事態になります。
行きだったら、帰りにもう一回見る事も可能ですが、
帰りだとモヤっとしたまま降りなくてはなりません。

以前も帰りに見た映画が、最後まで行く前に日本についてしまい、
どーしても気になって、その時はたまたますぐにTVで放送があったので良かったですが、
危うくTSUTAYAに走る事になりそうでした。

めがね

今回見た映画…行きは「めがね」。(お写真cinemacafe.netさんから)


これが非日常のスタートとして、凄いよかった…
この日は15時くらいまでは普通に会社で仕事をして、羽田に向かったのですが、
空港についてからも少しの間、メールをチェックをしたりして仕事から離れられず…。
(自分がいけないんだけれど…)

飛行機に乗って、とにかく休みモードになろう!と選んだのが「めがね」でした。

2007年の映画なので、かなりの今更感で、しかも初めて見るわけではないのですが、
見始めたら完全にスイッチ切り替わりました。

通常旅行で、しかも1人でリゾートに行くなんてご法度に近い感じですが
若干行きたくなりました。



若干ですよ。


携帯もなんも繋がらないところ…

って行ってから結局後悔しそうですが。


この映画、何が結末なのか分からんところが、これまたマッタリとストーリーがながれていいんですよ。

休みに入るぞーという気分になったところで松山空港着でした~


帰りは嵐の二宮君が出ていた「プラチナ・データ」を鑑賞。
最後のほう、間に合わなくなりそうで早回し。

そのせいか、イマイチ感が…。

ポンちゃんが出ていた寒戰がやっていた事を見落としていた…ガックリ。

| 2013年6月台湾 | 11:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://misojilife2.blog50.fc2.com/tb.php/1282-46fa133b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT