三十路ライフカンボジアで支援をするということ。(2)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

カンボジアで支援をするということ。(2)

1-P5050349.jpg


カンボジアの脇道で見た風景。

ここはたぶん市内からたいして離れてはいないと思うけれど、とても荒れている。
ゴミも散らかっているし、傾いた高床式の家々。

人の気配は全然しない。
とにかくゴミはすごかった。

多くの家は人が住んでいないらしい。
皆そのままにしていなくなってしまったらしい。
この散らかっている土地をドライバーさんは嘆いていました。
良くも帰りもこの道を見てため息をついてました。


観光客がたむろするシェムリアップ市内は新しいホテル、新しいお店ができていて
きれいになりつつあるけれど、ちょっと離れればまだまだこんな風景が残っていて
政府の整備も行き届いてないように感じる。

全部をきれいに新しくする必要は全くないれけれど、
ゴミの放置は見た目はもちろん衛生上もよくないと思うから何年後にはよくなっていてほしいと思う。

そうそう、ご家族に会えなかったら、本当は孤児院に行きたいなと思ってました。
日本から少しお菓子を持ってきていたので、そういったものを手渡せればいいなと思っていました。

フロントで孤児院に行きたいというと「あーあー、孤児院ね!」とかるーく返事をして
ドライバーさんに説明をしてくれました。

「カンボジアで孤児院が旅行者の見世物になっている」
そんな記事をいくつか読んだことがあった。

そう、一つじゃなくって「いくつか。」

そして、
いかに多くの旅行者が自分と同じことを言っているんだろうなということが
自分が希望を出した時のフロントの方の対応でわかった気がしました。

なんかモヤモヤするなー。

車に乗って、この写真の通りにも何件か孤児院があって、
「見ていく?」とドライバーさんが声をかけてくれました。
小さな一軒家くらいの孤児院が数件ありました。

結局、旅行者の私に何ができるんだろう?
お菓子なんかいるのか?
と思ったら車から降りる気になれず、窓から眺めるだけでした。

何もしない偽善者より、する偽善者のほうがいいとは思うんだけれど、
その国のニーズを知らないでやったところで、
たぶんそれは「なんか良い事っぽいことをやってきました」という自己満足で終わってしまう気がしてやめました。

以前も書きましたが、
お金は大切だけれど、本当にその国で困っていることが何なのかをまずは知らないと
的外れな、ただの自己満足な支援にしかならないと思うんです。

ただ、そのニーズを知ることが難しいんだけれど。

| 2016GW カンボジア・タイ・シンガポール | 11:03 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

当時、里親になろうかと調べたけど、なんかそのオーナーに賛同する気持ちが湧かず、結局なにもしないまま今に至る私。日本の孤児院にミルクや洋服の寄付をしたとき、職員さんはとても感謝してくれたけど、結構間に合ってる感じでした。ちゃんと先に必要かどうか確認したんだけど、どれだけ活用してるかは不明。。孤児院に飴、子供は喜ぶと思う。続けて支援するってなかなか大変だよね。全員を救える訳じゃないし、かと言って誰かを選べる訳でもないし。ほんっとに難しいことだけど、やってることに間違いも正解もないんだろうね。。

| ブタ子 | 2016/05/28 19:43 | URL | ≫ EDIT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2016/05/29 01:06 | | ≫ EDIT

■ブタ子ちゃん

> 当時、里親になろうかと調べたけど、なんかそのオーナーに賛同する気持ちが湧かず、結局なにもしないまま今に至る私。

私も一緒だよー。
あの時もいいところないかなって探したよね。
でも結局結果を出せず、二人で「直接、コメもっていったほうがいいね」とか話をしたの覚えてる。


>孤児院に飴、子供は喜ぶと思う。続けて支援するってなかなか大変だよね。全員を救える訳じゃないし、かと言って誰かを選べる訳でもないし。ほんっとに難しいことだけど、やってることに間違いも正解もないんだろうね。。

お菓子は結局、妹さんに子供いいたし、だれか食べるかなと思っておいてきたよ。
あとは一児の父になった彼のところも、あってもいいよねとチョコ上げてきた。
今度は10年たたないうちになんかしたいなー。

| prego | 2016/05/29 19:29 | URL | ≫ EDIT

■鍵コメさん

日本は恵まれていると思います。
大変な人はいらっしゃるとは思いますが、
人の目につくところで子供が残飯をあさっているなんてことはないですよね。
見ていてつらいですが、結局旅行者では何もできず、やったところで継続的な支援にはなりません。
継続的にどんなことをしたらよいのか、
どんなことが求められているかを今後は考えていきたいと思っています。

| prego | 2016/05/29 19:34 | URL | ≫ EDIT

旅行者の立場でとっさに援助したい!って思っても
ニーズとウォンツがわからないので、何もできず・・・

帰国して色々調べても、「本当に末端の人々まで援助が
行くのかな?」と疑ってみたり、実際になんとか基金とか
言っても怪しい物も多いですしね・・・

自分がリタイヤした時、彼らに対して何ができるか?を
この20年?考えながら、実際に自分が現地で行動できないかを
模索したいなあ~~と思う今日この頃・・・

chempakaでした!

| chempaka | 2016/05/30 01:28 | URL | ≫ EDIT

◾︎chempakaさん

>旅行者の立場でとっさに援助したい!って思っても
ニーズとウォンツがわからないので、何もできず・・・

おっしゃるとおりだと思います。
私も今回も直接何かをするって事は出来ませんでした。
ニーズを探るって難しい…

>帰国して色々調べても、「本当に末端の人々まで援助が行くのかな?」と疑ってみたり、実際になんとか基金とか
言っても怪しい物も多いですしね・・・

そうなんですよね。
13年前も帰国後色々調べて、援助しようと思いましたが、chempakaさんのように、どこまで援助が届いているのかわからなくて、やらずじまいでした。
今度こそなんかちゃんと出来るようにしたい!


>この20年?考えながら、実際に自分が現地で行動できないかを
模索したいなあ~~と思う今日この頃・・・

私も同じ気持ちです。
今の仕事は本当はとっととやめて、チェンジしたいですが、まずは何をすべきかちゃんと考えないとなーと思っています。

| prego | 2016/05/30 12:34 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://misojilife2.blog50.fc2.com/tb.php/1553-5d7e9bff

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT