三十路ライフマラッカ プラナカンビーズ探し

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

マラッカ プラナカンビーズ探し

マラッカに来たらプラナカンビーズをじっくり見てみようと思っていました。
以前来た時には、今みたいにビーズにあまり興味がなかったので…。

1-P9200289.jpg

まずはマラッカでインド人が多いJalan Bendahara に行ってビーズ自体を探しましょう~
シンガポールもそうですが、簡単にプラナカンビーズが見つかるわけでも
売ってくれるわけでもないことはわかっています。

プラナカンビーズは非常に小さく、希少なビーズなので
こんな一般人にやすやすと売ってくれるわけはないのです。
ですが、ふとしたところで見つかるのでは?! と薄ーい期待を持ちつつ街歩き。

象のサトちゃんのこういう乗り物、昔薬屋さんの前にありました…←歳!歳!!


1-P9200291.jpg


事前調査をほとんどしない私ですが、
ビーズ屋さんとプラナカンビーズを使ったサンダルを作っているお店はチェック済。
AN yang というお店。
手芸用品屋さんですね。

リボンとか、造花とかスパンコールとか色々売っています。


1-P9200290.jpg


ビーズも揃っていますが、聞いて見ると
一番サイズの小さいビーズは日本のメーカーのビーズでした。

店員曰はく、
「プラナカンビーズサンダルにも日本のビーズ使われているよ」
とのこと。

そうなんですよね。
日本のビーズが使われていることはい知っていましたが、
日本のビーズはワンサイズくらい大きいのです。

しばし中をウロウロして、店を後にしました。

やっぱりそう簡単に見つかるものではありません。


1-P9200299.jpg


Jonkerに行って、今度はビーズサンダルのお店を巡ります。
プラナカンビーズサンダルだけにターゲットを絞って街を見てみると以前は気付かなかったことに気づきます。

ビーズサンダル自体を売っているお店は結構あります。
シンガポールより全然多いように感じます。
並べられているものは、日本のビーズで作られているのかサイズの大きなビーズで作られているもの。
値段設定も安くはないですが、小さなプラナカンビーズで作られているものは全然違います。
お土産物として売るのであれば大きなビーズで作らないと量産はできないので仕方ないですね。

ここのお店では奥で実際に作っていらっしゃいました。
作っていたものは、小さなプラナカンビーズで作っていて、
薄いラベンダー色のキラキラしたビーズが本当にきれいで、
作っている途中のものを手に取らせてもらい見せていただきました。

普段ビーズを刺している私でも、おぉー細かい~!!と感動してしまいます。

私は四角い額に生地を縫い付けて、その生地にビーズを刺していきますが、
マラッカは大きな丸い刺繍枠に生地を張って刺しています。

ところ変われば作り方も変わるものですね。視点を変えて街歩きするのは楽しいです(^^)

| 2016秋 シンガポール・マレーシア | 11:35 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

日本のビーズよりもプラナカンビーズは小さいんだ。
だから模様が細かくてかわいく見えるのねー。
pregoさんの目も疲れるはずです!笑

ホットアイマスクで目をいたわりながら作品作りをがんばってねーー!

| 花茶 | 2016/10/16 20:59 | URL | ≫ EDIT

Re:

◾︎花茶さん

そうなんです。
お土産として売っているサンダルよりビーズは小さいのです。
なので作っている最中に飛ばしたりするのはしょっちゅうで、掃除機で吸い取ってます!

目はいたわらないとね〜老眼が…(;´д`)

| prego | 2016/10/18 07:46 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://misojilife2.blog50.fc2.com/tb.php/1585-28059daa

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT