三十路ライフ台湾の車窓から

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

台湾の車窓から

随分とUPをサボってしまいました・・・。
毎日帰りが遅かったために、皆さんのBLOGは拝見をさせていただいてましたが、
自分のは、グッタリモードでオサボリでした。
さて、三連休ということで、張り切っていってみよう~

高雄から台北への列車で、台中辺りで沢山の迷彩服の人たちが、
私たちの車両に乗ってきました!!
台湾にも韓国のように兵役制度があるってこと、知っていましたが、
ここまでの人数は初めてみましたっ
ブタ子ちゃんのBLOGにも書かれていますが、
特に私の後ろに座っている子(←「子」と書いている時点でおバチャンはいってます・・・。)
が、これまたカワイイ!

台湾で、「私の金城君」を探し続ける私には願っても無いこと?!
さぁ~はなすべ!!
はなすっきゃないっしょ!!


でも一応、迷彩服着ているし、実はこういう一般客と話しちゃダメとかあんのかなーとか
思ったのだけれど、
ここは勇気をだして! 大和魂?みせまっせ!
といいつつ、「100円中国語会話」を片手なんだけれど・・・。
「你多大年紀了?」
多分、よく分からなかったみたいで、本を見せると手で23とやった。
彼らはどうやら、軍の学生みたい。
歳は21~23才くらいの間で構成されているらしい。
台北まで行くのかしら?
もし行くんだったら、おしゃべりしなくっちゃ!と行きこんだ私は
「你去台北嗎?」(←あってんのか?いや、でも通じた。)
「違う」といいつつ、写真にある、豊原で降りていってしまった。

私たちがその子に、あまりにピンポイントで話しかけていたので、
周りの子たちが、どうやらその子を冷やかしいるよう・・・
「お前、おばちゃんにはなしかけられてんなー」
「ほっといてくれよ~」


といっていたかどうかは謎ですが・・・

降りるときに彼はカバンの中から写真のリッツみたいなクッキーを
くれた。
う、うれしかった・・・(涙)
しかも笑顔つき。
列車から月台に整列している彼らに手を振った。
手を振り替えしてくれた人もいた。


台湾の軍ってイラク戦争いってないよね?って。
なんか、あんなにカワイイというか、
若者たちが、実はいろんな国からイラクに行っているんだよなって思った。
いけない想像だけれど、彼らのような人が怪我をしたり、
最悪の場合には死に至る事もあると思ったら、スゴイ胸が痛んだ。

大好きな台湾から行ってほしくはないと心から思った。
私はフランスも大好きで、かなりの回数いっているけれど、
そのフランスが今回のイラク戦争の派遣に不参加で嬉しかった。

早く平穏な日々が訪れます様に。

| 台湾/2004年冬「初高雄・変身写真」 | 12:06 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

個人的なイメージなんですが、台湾の男の子って何となくのんびりまったりとした感じを受けます。色んなところで見かける男性を、ふと「…この人も兵役したんだろうなぁ」と言う目で見ると切なくなりますね。
韓国人男性も兵役がありますが、それを見ていて思ったのは、中高年になっても皆さん体力があること。「若い頃にいっぱいやらされたよ」と言いつつ、若者顔負けの体力を発揮していたりするのを見ました。
人生のある一定期間、すごい勢いで鍛えられると言うのは大変なことですね。健康なのはともかく、兵役なんてないに越したことはないのですが。pregoさんが出会った皆さんの無事を祈ります。

| asha_3305 | 2005/02/11 15:58 | URL | ≫ EDIT

ボクは戦闘服を着た現役兵士と喋ったことはないですが、昨年行った花蓮のタクシーの運將が兵役時代の話をしてくれました。当時は3年の期間があり配属はくじで決まるので、海軍に当たると最悪だ!といっていました。船酔いが克服できないとどうしようもないと…。ただ、官費で海外に行けるのは良かったそうです。でも、平時はさておき紛争地に派兵されたら万が一を考えないといけないとも仰ってました。
台湾は少しずつ兵役期間を縮めているとのことですが、台湾に限らず戦争で若い人たちが散っていくのは本当に悲しいですね。いくさの無い世界が早く実現するといいなぁ…、と感じましたよ~。

| Rang | 2005/02/11 20:36 | URL | ≫ EDIT

カワイイ男の子に自分から話かけていくpregoさんに憧れます(笑)
カワイイ子供には平気で話しかけちゃうけれど・・・。
こういう通りすがりのプチ出会いも電車の旅の面白さですよね。
現実に今も、戦争があって、誰かが亡くなっているんですよね。
本当に哀しい世の中です。私の周りには、そんな環境にある人はいないので、現実感がないのですが、pregoさんのお話を聞いて、はっとしました。
自分の利益ばかりを考えて、どうして本当に平和な世界をつくることがでいないんでしょうね?誰も戦争なんて望んでいないのに。
pregoさんが出会った兵隊さんたちが、いつも笑っていられることを、戦争など行かずに済むことを祈るだけです。(世界中の兵隊さんしかり)

| naco-p | 2005/02/11 21:36 | URL | ≫ EDIT

ashaさんのコメントを見て、
>台湾の男の子って何となくのんびりまったりとした感じを受けます。色んなところで見かける男性を、ふと「…この人も兵役したんだろうなぁ」と言う目で見ると切なくなりますね。
って、そういえばそうですね~
わりとおっとりした感じかなと思いますし、カップルになると、もう女性優位な感じがするのですが・・・でもちゃんと兵役に行っているのですよね。
日本に兵役義務があったらと思うと、先日韓国の人気俳優さんが
逃げていましたが、そういうの続出するんだろうなー。
ほんっと、兵役制度は無いに越したこと無いですね・・・。

| prego_1 | 2005/02/11 22:41 | URL | ≫ EDIT

Rangさん
私も船によわいので、聞いてるだけで気分が・・・。
いやいや、大変な制度ですよね。
これは・・・。
戦争の映像を見るたびに、「あー、なんでだよー」って思います。
戦争によって命を失う方もいれば、大切な遺跡なども壊れたり、
多大な影響が・・・。私はベトナム・カンボジアと二年続けていってきましたが、どちらも今は平穏でみんな平和にやっているように見えますが、
以外に若い人が戦争のために疎開をしたりしているんですよ。
そういうのを聞くと、今無事でよかった、戦争が終わってよかったと思いました。
本当に早い平和実現を私も心から祈るばかりです。

| prego_1 | 2005/02/11 22:45 | URL | ≫ EDIT

naco-pさん
私の後ろにいた青年は本当にシャイな感じだけれど、にこやかに私たちと話をしてくれて、いい青年でした。
だからこそ、こういう青年たちが、悲しい茨の道を歩いてほしくないって
スゴイ思うんです。
彼らは電車に乗っているときは、本当に無邪気で会話を楽しんでいたりしていました。いつでもそうあってほしい、そもそも兵役という義務も日本人の私にとっては理解に苦しむ制度です・・・
でもそれは国のきまりなので、私がとやかく言うことではないのですが、
戦争だけはあってはならないと思いますね。
Rangさんのコメントにも入れましたが、カンボジアは特にまだまだ貧しい国で、物乞いの子供たちも半端ではありませんし、地雷で怪我をされている方もかなり多くって、そして、まだ地雷が残っている場所も多々あるそうです。
戦争が終わってもまだ傷に苦しむ人がいるんですよね。日本もそうですが・・・。
一日も早い解決を望むばかりです。

| prego_1 | 2005/02/11 22:51 | URL | ≫ EDIT

こんばんは。戦争のことは本当に一日も早く解決して欲しいすよね。心休まる日が一日もない人たちが現実にいて、いつ自分や家族の命を失うかもしれず、経済状態が安定していなくて常に貧困にあえいでいる、、、そんなことを思うといたたまれない。イラクや北朝鮮のことをニュースで見るたびに「どうして?どうして?」というやりきれない思いを感じます。攻撃することで主義主張を通そうとしたり、理解できません。
一昨年、韓国に出かけた際にJSAを見学してきたのですが、ここに勤務する韓国の兵士さんたちはみなさんエリートなんだとか。その中に兵役最後の日の人がいて、すごくすごく嬉しそうだった。エリートだろうがなんだろうが兵役なんて行きたい人がいるわけがない。その若い笑顔を見て、兵役の必要のない、平和な時がくればいいのにと思ったのを覚えています。

| unagiinu06 | 2005/02/12 21:31 | URL | ≫ EDIT

unagiinu06さん
もうね、とにかく子供ですよ、子供たちが犠牲になることが、
とにかくいたたまれないですね・・・。
カンホジアでスゴイ思いました。
そうそう、私の友人もJSAを見学したらしく、衝撃を受けていました。
私たちみたいに、平和な国、しかも島国に住む人間には考えられないですよね・・・。
にほんに生まれてよかったと思うと同時に、この幸せを早くみんなに味わってほしいと思う今日この頃です。

| prego_1 | 2005/02/12 22:47 | URL | ≫ EDIT

昨日実はCBを一度はカキコしたのですが…。
あまりにも難しい問題と、自分の考えがまとまらず、
削除させていただきました。
私自身は徴兵制には反対ですし、“愛国心”って言葉
(単語)があまりなじみません(非国民なのか?)。
だからってこの国が嫌いな訳ではありません。
しかし、このことについては、これからも良く考え
たいと思っています。
かな~り独断を許して頂ければ、以前から日本人であれば
最低一度自主的に「広島」「長崎」「沖縄」には行くべき
ではないかと、真剣に思っています(ちょっと脱線しすぎですね)。
でも外で自分から話しかけられる、prego_1さんの行動力
には、ただただ脱帽で~す(敬)。
軟弱日本男性代表としては耳が痛いです…大汗。

| ni4de_h | 2005/02/12 23:26 | URL | ≫ EDIT

 台湾での正社員求人は「男子は兵役修了者」がほとんどです。採用後兵役に行かれても困りますし、ちゃんと兵役に行っている人は健康であることの証明でもあるからだそうです。でも、やっぱり「逃れ」はあるようで、「兵役前健康診断」でイロイロ・・・。学生は卒業までは猶予されますが、卒業してから2年弱の兵役期間中に全部忘れてしまうからムダ。でも、「行ってこそ成熟した大人」な見方もあり、やはり意見は多様です。普通に接しているフツーの友達がみんな銃の使い方を知っている。ということがとても複雑な心境にさせられます。

| fumiming0112 | 2005/02/12 23:40 | URL | ≫ EDIT

ni4de_hさん
一度削除されたんですね。真剣に考えていたからこその行為だと思い、
ni4de_hさんの気持ちに感謝です。
私も、正直ni4de_hさんのように「愛国心」が出るのは、サッカー日本代表を見るときくらいかなー。
ちょっと恥ずかしいくらい、日本人として「愛国心」がないです・・・。
でも平和を考える気持ちは万国共通ですよね!
ni4de_hさんが言うとおり、「広島」「長崎」「沖縄」はちゃんと知っておいたほうがいいと思います。
しかし、私も長崎にしか行った事が無く、しかも高校生のときの修学旅行。あまりに悲惨な展示物に目を向けることが出来なかったのを覚えています。
今は大人なので、ちゃんと受け止めることができるかな?と思っています。
ところで、私は狙った人へのアプローチは以外にフツーにできる奴です。
若きころは「アタッカー」と呼ばれていました(笑)
しかし、年とともにそれも衰えてきました・・・

| prego_1 | 2005/02/13 19:08 | URL | ≫ EDIT

fumiming0112さん
採用にもかかわるんですね!!
確かに、仕事が始まってから、兵役ってのもないですよね。
銃の使い方を普通に知っていることも、よくよく考えたら兵役があるのですから、そうなのですが、
日本では考えられないことなので、なんか驚きです。
私が変身写真を撮りに行ったところのカメラマンは、かなり女性っぽい男性でしたが、今「あの人も行ったのか、それともこれから行くのかな?」と思いました。

| prego_1 | 2005/02/13 19:13 | URL | ≫ EDIT

彼氏も軍隊に1年半?!2年?!ほどいたらしいですが、ホントに大変みたいです(>_<) 一番楽しい20代前半で、普通の生活から離れた軍隊での生活を約2年もなんてキツそう・・・ ちなみに、うちの彼はラッキーなコトに陸軍でも海軍、空軍でもなく、、、オフィスだったそうです(^_^;)たった数人しか選ばれないのに、運よくその場所をGETしちゃったそうで(笑)’ 友達などが軍隊での苦労話をしている時、自分はそこまで大変じゃなかったから話に入れん。。。って言ってましたよ(笑)’’

| cheery_sheep | 2005/02/14 03:26 | URL | ≫ EDIT

cheery_sheepさん
そうだ、そうでしたねっ!!
彼は行った事が在るんですね!
二年かぁ・・・大変なことですね。日本人には出来なるかな~?
でも兵役に行っても、オフィスなんてのもあるんですね。
意外~~
でもやっぱり彼は大変だったと思いますよー。ご苦労様です・・・

| prego_1 | 2005/02/14 21:41 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://misojilife2.blog50.fc2.com/tb.php/183-85e640c7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT