三十路ライフカンボジア屋台ディナーと悲しい現実

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

カンボジア屋台ディナーと悲しい現実

夜ご飯
 夜ご飯は、ホテル近くの屋台へ!
 やっぱりアジアに来たら、こういうのを
 楽しまないとね! (^_^)

 ここは色々なお惣菜が置いてあるご飯屋です。
 野菜の炒め物と、厚揚げ?だったかな…の煮物を
 いただきました。
 味もしっかりしていて、私好み!
 私達はオナカが空いていたので、全く残さず
 いただきましたが、食べている途中に
 この店の中にビニール袋をもった小さな男の子と
 女の子がやってきました。
 「なんだろう…」と思って見ていると
 人が残した残飯をビニールに袋に
 入れていくんですね…。
 
 
この姿はかなり衝撃でした…。
店の人は、もう慣れているのか何も言いません。
この国で私達の様なご飯を食べるのに、日本円で言ったら高く見積もっても100円~200円位。
この時は、ショックで何も出来なかったけれど、今から考えれば、ちょっとお金を渡しておごってあげれば良かったとか後悔をしてしまいました。
でもこれが難しい所で、食べられないのはこの子達だけではありません。
この子達だけにお金を渡してしまったら…。 その前にむやみにお金を渡していいのか?
カンボジアには、このような子供達が沢山います。

私は現実逃避をしたくって旅にでますが、今回のような厳しい現実を目の当たりにしたのは
初めてで、食べた後は「はぁ~」とため息をついたのでした…。
日本の税金、正しく使ってほしい!とも心底思いました。
  


| Cambodia カンボジア | 21:47 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

自分の写真を思い出しながら楽しくカンボジアの旅拝見してます!
今回のお話で10年前に行ったインドを
思い出しました。
自分達のちょっとした好奇心から
なんとも後味の悪い思いをした事。
私も現実逃避のために海外に「ただの日本人」になりに行くのですが…
つくづく日本って、私達って恵まれてるなぁ~って当たり前の事に感謝します。
来月も現実逃避のためにソウルへ!
9月には中国九塞溝へ行ってきま~す!

| さぶう | 2006/06/12 22:36 | URL | ≫ EDIT

うーん、そういうのを目の当たりにすると辛いよね。
地べたに座って虚ろな目で物乞いする小さな子供って自分の中では有り得なくて、可哀相と言うのを通り越して、正直怖かった。
でも毎日過ごしていればそれが当たり前に思えてしまうかもしれない。

カンボジア政府が不正なくちゃんとしてくれ、的な意見を持ってる人もいましたよ。
私はよく分かりませんが。

| kana-wan | 2006/06/13 00:24 | URL | ≫ EDIT

初めてプノンペンで同じ光景を目撃しました。
その時私が調子が悪くてあまりご飯が食べられず、席を立つとすかさず子供達が来て、私の食べ残しを持って行きました。
何とも言えない気持ちになりました。
お金をせびられたときもあげずにその場を立ち去ったりもしました。
今でもそれが良かったのか悪かったのか分かりません。

本の受け売りですが、その時、あげたかったらあげる、あげたくなったらあげない。
それでいいんじゃないかなって思いました。

別の話ですが、pregoさんのブログを読むとホントに旅行に行きたい気分になります。。。

| サーシュ | 2006/06/13 01:11 | URL | ≫ EDIT

新聞の投稿に「修学旅行で海外なんて贅沢だ!」っとありました。
「どうせ行くなら先進国ではなく、アジア諸国の現実を見るべきだ!」っと。
お~!そうだそうだ!!っと思いましたが、翌週、「衛生面や治安の問題もあるので、数百人の生徒の安全を考えたらアジアは危険」っと。
あぁ、もっともだ。。。
私は【世界が100人の村だったら】は素晴らしい企画だと思います。
日本(人)はとても恵まれていると実感するし、色んなことを考えさせられる番組(本)です。(あれ?コメントちょっとズレてる??)

| ブタ子 | 2006/06/13 12:20 | URL | ≫ EDIT

■さぶうさん
カンボジア旅日記、読んでいただきありがとうございます!
さぶうさんはインドにいかれたことが有るのですね。あの国の、色々貧富の差もかなりあるだろうし、カンボジアと同じく大変そう…。
本当に私も、つくづく日本に生まれてよかったと思いましたよ。来月のソウル、楽しんできてくださいね~

| prego | 2006/06/15 21:17 | URL | ≫ EDIT

■kana-wanさん
ほんと、日本では絶対に有り得ないことですよね…。
カンボジア政府ってやっぱり不正が多いんだ…。でも日本もそういうのはあるけど、序の口なのかも・・・?と思ってしまうくらいです。

| prego | 2006/06/15 21:24 | URL | ≫ EDIT

■サーシュさん
やっぱり同じ光景を見ましたか…。私は逆にプノンペンはそんなに見なかったのですが…。
私たち日本人にとって、人の残した物、しかも知らない人のご飯をいただくなんてこと、ないですよね。ホームレスだって今や新品のコンビニ弁当やらを食べていたりするわけですから…。お金をあげるかどうかについても重い問題ですよね…。

私のブログを読んで、旅行に行きたいとおもっていただけるって、本当に嬉しいです!やってて良かったとこんなとき思います!

| prego | 2006/06/15 21:30 | URL | ≫ EDIT

■ブタ子ちゃん
修学旅行の話…。スゴイ日本っぽいなと思ったー。まぁ確かに事件があったりすると攻められるからねぇ…面倒なことはやめておくって感じだろうね。

私も「世界が100人の村だったら」は素晴らしい企画だと思うよ~
日本はマジで恵まれすぎですなぁ。先ほどコンビニのサラダを残したことを、今後悔してみた…。

| prego | 2006/06/15 21:35 | URL | ≫ EDIT

ホント心が痛いですね。。。
日本は幸せすぎるのかも。
世界にはこのような環境の国がたくさんあるはずですよね。
もっと目を向ける必要があるのかもしれません。。。
恵んであげるべきか、べきでないか。。私も考えちゃいます。。。

| huang | 2006/06/15 23:06 | URL | ≫ EDIT

■huangさん
日本はシアワセです。このときばかりは、ちょっとしたことも馬鹿らしくなってしまうくらいの現実を見せ付けられましたね…。こんな風にまともに食べられない、勉強できない子供達は沢山いるんですよね。私もお金をあげるかどうかは永遠に悩みそう.。。

| prego | 2006/06/17 10:19 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://misojilife2.blog50.fc2.com/tb.php/441-a3e8ef90

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT