三十路ライフ夜の散歩とカンボジアにとっての日本

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

夜の散歩とカンボジアにとっての日本

初めに、コメントバックが遅れていてゴメンナサイ。
ちょっと色々家の事情で、遅くなっています。
最近記事を書き貯めしているので、こちらでご勘弁ください
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
カンボジアの美容院

夜ご飯時、衝撃を受けながらホテルに帰る途中、とても賑わっている美容院を発見。
スタッフもお客さんもなんだか楽しそう~。
店内にはモデルさんの写真が貼ってありますが、どれも一昔前の賀来千賀子さん?のようです。
実際には、こんなに華やかな女性というのは、街では見受けられないのですが…。
ストレートヘアの女性が多かったと記憶しています。

日本語学校 そして、次に発見したのは
 日本語学校!
 よーーー見ていただけると
 分かるのですが、
 ひらがなが書いてあるのが
 見えますね。
 私達が写真をとったり
 (授業中ごめんなさいね。)
 中を見ていると、子供達が
 こちらを見て微笑んでいました。

 時間は七時すぎだったのですが
 かなり小さい子達がいてビックリ。
 でもここに通っている子供達は
 通常の学校の後に行って
 いるんだろうなと。
 私達のガイドをしてくれた
 ナロン君も、英語学校に行って
 いました。 


 やはりこの国で生きていくには、自分で何か勉強をしていかないとだめなのかもしれません。
 厳しい国だけれど、頑張ってほしいものです!

| Cambodia カンボジア | 22:19 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

日本語勉強してるんですねぇ。スゴイ!!
英語学校があるのは知っていましたが、日本語学校も???何か身につける…ちょっとでも余裕がないと難しいですよね。ここでも貧富の差が目に見えます。

| smile | 2006/06/15 20:26 | URL | ≫ EDIT

■smileさん
確かに、私達のガイドナロン君のうちは、多分カンボジアの中でも裕福だと思います。
そうでないと、勉強をすることすら難しい状況なんですものね・・・しかも国語意外なんて…。みんながちゃんと勉強できたりするときが早く来ればいいと願うばかりです。

| prego | 2006/06/15 21:36 | URL | ≫ EDIT

同じ事を、バリで感じました~。
例えば、ホテルのフロントにいる人たちは英語はモチロン、片言の日本語を話すけれど、そうでない仕事をする人たち・・・例えば部屋ではなくて庭の掃除をする人たちは英語も片言で、となると、仕事が本当に限られてしまって収入も限られてしまうんですよね。
やっぱり、稼ごうとしている人は日本語まで手を伸ばして勉強しているんだなって思うことが沢山ありました。
今後は、中国語や韓国語が狙い目なのかしら。やっぱり。

| naco | 2006/06/16 14:34 | URL | ≫ EDIT

■nacoさん
バリも結構貧富の差がはげしそうですよね…。nacoさんの言うとおり、英語ができなければ、掃除くらいしか与えられず、英語ができれば、もう少しいい仕事を、日本語が出来たら人前に…なんていう厳しさがあるんでしょうね…日本語しか離せないのに、こうしてまともに仕事を出来ていることに感謝しなくっちゃ…ですよね。

| prego | 2006/06/17 10:26 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://misojilife2.blog50.fc2.com/tb.php/442-6ebb282f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT