三十路ライフ

≫ EDIT

Rangoon Tea Houseは長いしたい素敵カフェ

はじめに謝っておきます!
中途半端な記事ですみません!全然素敵さ伝わらない記事で!

スーレーパゴダに行った後、Rangoon Tea Houseというヤンゴンでも高級なオシャレカフェと言われるお店に行ってきました。
スーレーパゴダからあるける距離ですが、まだまだ歩道が造りがちゃんとしていなくてガタガタなところが多く
よそ見なんかしていると転びそうです。
こういうところが、まだ都会になり切れていない雰囲気…それがまた良いんだけど、マジでコケないように要注意。


P4300610.jpg

イギリス統治時代のコロニアル建築の旧最高裁判所です。
そういえば、ミャンマーの首都が「ヤンゴン」じゃない事、皆さんご存知でしたでしょうか。
「ネーピードー」ですって!!
私、行く直前に知りました。どこや、それ…
ヤンゴンから車で4時間かかるところで、2006年ヤンゴンに代わり首都となったそうです。
で、話は長くなりましたが、首都がネーピードーに変わるまで、裁判所として使用されてきたと。
赤い壁が鮮やかです。


ラングーン ティーハウス

ラングーン ティーハウスです。
こちらもコロニアル風の建物を使用した、映画にでも出てきそうな店内。
かなり込み合っています。値段が高めなんで、外国人ばかりでした。
ヤンゴンの街中で日本人には会わなかったのですが、ここで初めて会いました。

ラングーン ティーハウス

ラングーン ティーハウス


2階もあります。2階もこれまたフローリングでアンティークな雰囲気。
ここで、デザートでもと思って、コーヒーと「ヨーグルトの何か」を頼んだら、どちらもドリンクだったという…
「ヨーグルトの何か」は固形物だと思ったのですがね…

メニューには、ミャンマー料理はもちろんのこと、タイフードなんかもあったりします。
高いといっても東京とくらべたら…ヤンゴンの中で。という意味です。
でも、暑い日にゆったりと過ごすのには良いカフェだと思います。




| 2018GW_ミャンマー | 09:20 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【記事追加】スーレーパゴダは観光客少な目、ハト多め。

スーレーパゴダ


早い夕飯を食べた後、初めてのパゴタ観光。
街の道路のど真ん中にあるスーレーパゴダに行ってみましたよ。
ヤンゴンのあるこういうお寺、すべてデカいのかなーと思っていましたが…
おや、意外に小さい。

でもここ、歴史的な場所でもあり、記憶に新しいのは2007年のミャンマー反政府デモ。
AFP通信のカメラマンの方が軍の兵士に至近距離から撃たれた事件といえば思い出す人も多いでしょう。
あの事件があったのはここの周りです。


スーレーパゴダ


やや斜め正面から見るとこんな感じ。右に写っているシマシマなのはBengali Sunni Jameh Mosqueです。
近くまで行ってみましたが、どうやらは入れ無さそう。googlemapの写真見てみると、中、とても素敵そう…
まあ、私、仏教徒なんで仕方あるまい。

スーレーパゴダ


スーレーパゴタには裸足で入ります。コンビニ袋を持って行っていたので、それに入れます。
拝観料はたしか2000チャットくらい。
こういう面白い置物…があるのってミャンマーぽい。(他国でミャンマーの寺院に入った時、面白いやついっぱいだった。)
ちなみに、私の趣味に合わなかったのか、ヤンゴンの代表的な見どころの一つでもあるスーレーパゴダなのに
写真がこのくらいしかない。


スーレーパゴダ


お寺の周りは、占いやさんだらけ。台湾の占い横丁なみに声をかけられる…
どんな感じで占ってくれるのか、ちょっと興味はあったけど言葉がわからないので断念。

スーレーパゴダ


私がスーレーパゴダの嫌だったところ。それはハト!!
ハト嫌いなんです。こんなにいっぱい。たまにお寺の中にもいて、スゴイ嫌だった。
もちろんお寺の周り、ハトのフンだらけ。きらいやー!
ここ、私がいった時は観光客少な目で、ほんとハトいっぱいでした…

【追加】
IMG_0045.jpg


先日、Cafe de Castellaのヒョウちゃんさんから「滑車を使ったタンブンするところがあるんです。」というコメントを頂きました。写真の撮ったこれかしら。。。
鳥のようなものにお金なんですかね、それを入れて塔の上のほうに上っていくんです。
ちなみに手動です。



| 2018GW_ミャンマー | 23:42 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ヤンゴンの初めてのご飯はシャンヌードル

ヤンゴンに昼についてから、まともなものを食べていませんでした。
最近ちょっと強引なスケジュールにすると、疲れがお腹に出やすくて、
しかも1日目はiphone壊れてるし、風邪ひきのまま日本からやって来たので
はっきり言って調子がいいとはいいがたい状況。

あまり刺激の強いものや、動物性の脂が強いものは避けたかったので、
かなり早い夕飯(17時ごろ)ですが、サラッと食べれるミャンマー料理「シャンヌードル」を食べに行きました。

IMG_0040.jpg


ヤンゴンに行かれたことがある人は、大体知っているかと思われる「999」というお店。
ちょっと大通りから入ります。小さいですが、店内はきれい。
夕方5時くらいだったので、まだすいていました。

日本人か?と聞かれ、うなずくと、メニューのシャンヌードルのページを開いてくれました。
tripadviserでも上位に掲載されているんで、来る日本人はみなこれを注文するんでしょうね。
店の名前も「999 シャンヌードル」と書かれているので看板メニューです。

待っている間、メニューをパラパラめくると、結構色々なおかずなどもあり、
一人でなければ違うものも食べたいところ。
今回は体調もいまいちなんで自粛。

IMG_0038.jpg


はい、シャンヌードル。
フォーのスープの味をもう少し濃くした感じ。
ミャンマー東部のシャン州というところの麺料理だそう。
麺はアジアではおなじみの米麺。
特に変わった味はしないけど、普通においしい。
お代わり行けそうなくらい、癖もなくあっという間にごちそうさま。

1200チャットでした(約100円) 安!

IMG_0037.jpg



店員の若い男の子たちが、みんなおばちゃんに親切で良いお店でしたわ!
店もキレイだし、初めてヤンゴンで入る店としては入りやすいお店でした。

999 Shan Noodle Shop




| 2018GW_ミャンマー | 23:34 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT